大阪本部

河村 将行

prof22_1

愛知工業大学 経営情報科学部卒業。
大学時代、理系が合わないことに気づき、営業職での就職に方向転換。
人材採用支援企業、医療機器メーカーなどで新規開拓営業を担当。
医療機器メーカー時代は、カテーテルを担当し、東海エリア・九州エリアを飛び回り新規顧客を開拓。

お住まい相談員になろうと思ったきっかけは?

祖母が体調を崩し、独居生活が無理になったとき、特養に申し込みました。しかし、待機中の高齢者が多数の特養には、当然のことながら入れませんでした。当時、施設に入りたい人はどこに相談したらいいの? と困った経験があり、施設探しのプロがいたらいいのに…と思ったのがきっかけです。
お住まい相談員の仕事は、まだあまり知られていません。しかし、高齢化が進む現代、ますます必要とされる仕事です。施設探しのプロとして、自分が困ったときのように誰かが困らないようにしていきたいと思います。
また、お住まい相談員は、施設を運営する経営者の方々とお話する機会が多々あります。経営者の方はそれぞれ自分の想いを強くもっており、その想いや考え方に触れることで刺激を受け、自分を成長させてくれます。この仕事を通して、お住まい相談員として、人間としてさらに成長していきたいと思っています。

仕事のむずかしさを感じる瞬間は?

疾患、予算、エリアなど、ご利用者の希望にすべて合う100点満点の施設というのは、まずありません。その人のために、100点満点の施設を私たちが新たにつくることはできません。このため、ご本人やご家族のさまざまな希望や施設の情報から優先すべき点を考え、その人に合った施設を選定することが難しいです。

仕事で大切にしていることは?

prof22_2

笑顔です。
笑顔でいるときは、マイナスなことを考えません。自分の笑顔は、他の人も笑顔にします。ここまで自信満々で言うと、ナルシストとか言われてしまうんですけど(笑)。基本、人が笑っている顔を見るのが好きなんですよね。
そして、「笑う門には福来る」という言葉がありますが、自分が笑うことでまわりを笑顔にすることができると思っています。関西出身なので、人を笑わせることには自信がありますし…(笑)。

仕事のやりがいを感じる瞬間は?

入居後、ご本人やご家族から「良かったよ」と言ってもらえたときです。
ご相談の中には、ご本人が「施設に入るのは嫌だ」と頑なに施設入居を拒まれるケースが少なからずあります。高齢者の中には姨捨山のイメージが強い方もいて、施設そのものを受け入れないんですよね。
以前、ご家族、ケアマネージャーさんとみんなでご本人を説得したことがありました。その方は施設見学も拒否されていましたが、現在の施設は姨捨山とは違うことを説明。「見学はタダだから行きましょう」と促したりして施設見学を行い、徐々に施設へのマイナスイメージが小さくなっていきました。無事に施設入居が決定、入居後にご本人やご家族から喜びや感謝の言葉をいただけたときは本当にうれしいです。

仕事での自分の役割は?

みなさんの調整役です。
施設に入居されるご本人、ご家族、ケアマネージャーさん…すべての要望を100%満たす施設は難しいことです。現在の状況やみなさんの要望の中から、どれが重要かをいっしょに考え、見つけていく。そのバランスをベストな状態に調整するのが私の役割です。

prof22_3
top