金沢

小家 梢

prof29_1

介護の現場に興味があり、老人ホームをはじめ、デイケア、グループホームなどで13年間経験を積みお住まい相談員となる。

お住まい相談員になったきっかけは?

これまでの人生を振り返ると介護業界で高齢者の生活を支える1人として働いてきました。現場の一員として働く中で、たくさんの喜びにも出会ってきたほか、施設の特徴などを学ぶことができたと思います。それぞれに特徴がある施設で働いてきた経験を介護業界だけでなく、施設を探す人の助けになればと想いお住まい相談員になりました。最初は、本当に少しでも役に立つことができればという小さな想いから始まったんです。

仕事をする上で大切にしていることやこだわりがあったら教えて下さい。

1つ1つの業務に責任をもって対応することです。そうすることで自分自身の仕事の達成感にもつながりますし、相談者本人と入居希望者の気持ちや想いを考えると責任を持つことは重要だと思うんです。私のことを頼ってくださっているのですし、私が頑張らなければと思いますよね。人の役にも立ちたいですし。そして、相談者と施設を見学したときに納得のいく施設が見つかったとよろこんでいただけるとやりがいを感じますしね。

この仕事をしていてうれしかったことは?

いちばんは「小家さんに相談してよかった」といわれるときですね。相談者の多くは、いろんな施設があってどう選べばいいのか。選ぶ基準は何なのかなど不安をもっている人が多いんですよ。たくさん質問をされますが丁寧に答えることで不安そうな顔が和らいだりするんですよね。そしてありがとうといわれると本当にうれしい気持ちになるんです。なので、私も多くの質問に答えることができるように勉強していきたいと思っています。

一言メッセージ

私は、相談者と一緒に二人三脚で施設選びをしていきたいと思っています。大切な家族の新しい家だからこそ納得のいく施設選びをしたいというのは当然だと思います。なので、納得いくまで私と一緒に施設を探しましょう。そして、介護現場で働いたことがある私だからこそ、今までの経験を活かして、困っている方のお役に立てればと思っています。介護に関する相談も気軽にきいてくださいね。

top