大分別府

坂本 圭士郎

prof31_1

大分生まれ。高校時代にオーストラリア・メルボルンに語学留学。大学卒業後、地元の銀行に就職したが、大学時代の夢である行政書士を目指し、退職。2012年に行政書士試験に合格し、13年行政書士コリンズ法務事務所を設立。

介護の悩みや迷いに真摯に向き合います

介護施設探しを相談する(無料)

お住まい相談員になったきっかけは?

私の行政書士として主な業務は相続手続きです。お客様の多くの方はご高齢の方が多く、その為、介護・医療にとても関心が強い世代です。実際に、奥様を亡くされたご主人やご家族から「施設に入るか迷っている」、「施設検索をしているがどこが良いかわからない」という相談も受けたことがあります。施設探しはお客様にとって大きな負担であり、その中で一人ひとりに合った施設をご紹介させて頂き喜んで頂けることは自分の喜びにつながると思いお住い相談員になりました。

自分を一言で表現するなら?

「感謝する心を持つ」ことを大切にしています。誰に対しても常に感謝する心を持つことで、自分の心を穏やかにし、心に余裕を持つことが出来ます。また、何をしても、されても、『ありがとう』という感謝を心に抱くことが出来なければ 、人からも、物からも嫌われてしまいます 。全ての人に感謝する心を忘れず業務に取組みたいと思っています。

仕事をする上で大切にしていることやこだわりがあったら教えて下さい。

prof31_2

正確で迅速に行うこと意識しています。施設を探されている方にとって、病院の退院等の関係で時間的制約がある方もいらっしゃると思います。その中で、少しでも早く安心した新しい生活を始めることができるお手伝いが出来ればと思っています。

休日は何をして過ごしていますか?

地元が大分ということもあり、別府・湯布院を中心に温泉めぐりをしています。温泉に入ることが私のストレス解消法です。

将来の目標や夢を教えて下さい。

お客様をはじめ、病院・施設関係者の方に多くの「ありがとう」を頂けるように頑張ります。 「ありがとう」は人が満足したことを証明するパラメータであり、自己成長のためにも必要不可欠なものと考えています。介護業界のプロフェッショナルとしての自信をもって、施設探しのサポートができるよう頑張ります。

ご自身でこの仕事に向いていると思うのはどんなところですか?

他の人と協力して一つの物を完成させたり、成し遂げたりする仕事が自分に向いていると思います。理由は、人と協力して何か行動するという体験に、私はとても充実し感動するためです。ウチシルベ大分別府のチームの一員として、携わる全てのみなさんと想いを共感・共有し、「本当に良かった」を提供できるようにと思っています。

prof31_3

介護の悩みや迷いに真摯に向き合います

介護施設探しを相談する(無料)

お住まい相談員は介護施設探しのプロです

納得いく施設探しから入居までを全面サポート!

top