三重中央

青山 若菜

prof12_1

三重県出身。
接客・販売業、コープの営業、個人クリニックにて受付・医療事務を経験。
高齢者、障がいのある方にとって住みやすい住宅について勉強するため、福祉住環境コーディネーター2級を取得。
認知症について少しでも理解すべく認知症サポーターの講習を受け、介護セミナー、勉強会にも積極的に参加している。子育てに奮闘する母親の一面も。

お住まい相談員になろうと思ったきっかけは?

前職のクリニックではご家族の介護をしている方や、ご年配の方のお話を伺うことが多く、元気そうに見える方でも、一人暮らしにはたくさんの不安を抱え、過ごしていらっしゃることなどを感じていました。
ウチシルベは高齢者住宅専門の仲介なので、より細かく施設の情報収集ができ、ご相談者に自信をもってご案内ができます。
家族介護・将来の不安をもっている方に、経験を活かして住宅・施設探しのお手伝いがしたいと思いました。

仕事のむずかしさを感じる瞬間は?

家庭状況や介護の状況が似ているようなケースでも、その方々に合う施設が同じとは限らないことです。また、ご家族とご本人の想いが異なる場合です。
一方的にならないように、焦らず双方の意見を整理し、ご納得いただけるような対応を心がけています。

仕事で大切にしていることは?

prof12_2

笑顔と対応のスピードです!
仕事が楽しいので笑顔になりすぎて、しわが気になっています(笑)。
ですが、笑いじわは幸せの証。訪問先の施設に入居されている、いつも笑顔で周りも明るくさせる方のように、笑いじわのかわいいおばあちゃんを目指して、今後も笑顔を大切にしていきます。

将来の目標は?

この人なら他の人にもぜひ紹介したいと思ってもらえるような、信頼してもらえるお住まい相談員になることです。

この仕事に向いていると思うところは?

自分自身の考え方が、もともと第三者的な立場からいくつか選択肢を出したうえで最善の答えを出すという考え方なので、お住まい相談員の業務にも似ていると思います。
施設の説明を第三者の立場からメリット・デメリットを説明する。
そして、いっしょに悩みながら最善の施設を選択していただく。
あとは、人と接する仕事が好きだからです。

スキルアップのために行っていることは?

医療・介護のセミナー、勉強会や交流会などに積極的に参加しています。
他職種の方と連携をとったり、新規施設の情報収集などをしています。

この仕事をしてうれしかったことは?

入居されるまでは不安な様子だったご本人も、数日して伺うと私に気づいて笑顔で「いいところを紹介してくれてありがとう」と言ってくださったり、依頼をいただいたケアマネさんやソーシャルワーカーさんから「青山さんに任せてよかった」とありがたい言葉をかけていただけたことです。
施設見学の送迎時には、育児や料理のこと、ご本人が子どもの頃の話など教えてくださったり、日々皆様との会話で勉強させていただいています。

prof12_3

対応エリア

三重県全域

top