健康型有料老人ホームとは 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

健康型有料老人ホームとは


健康型有料老人ホームとは

 

健康型有料老人ホームとは、まだ日常生活における介護サービスを必要とせず、自立して暮らせる方を対象としています。家事をはじめとした日常生活のわずらわしさから解放されて、健やかかつ文化的な老後を楽しむために入居する事例が多くなっています。

 

特徴

介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホームと最も大きく異なる点は、重度化して常時、介護が無ければ生活が困難になった時には別施設へと退去しなければいけないという点です。介護付有料老人ホームが隣接しており、重度化した際にそちらへ移ることが出来る施設もあります。

あくまで「老後を快適に楽しむ」ことに主眼を置いた施設であることをあらかじめ理解しておきましょう。ちなみに、健康型有料老人ホームは数そのものが決して多くなく、有料老人ホーム全体の約1%未満となっています。

 

入居の条件

基本的には、自立した生活が可能な方を受け入れ対象としています(一部には要介護度の低い方の受け入れを認めている施設もあります)。また、認知症患者の受け入れには対応していないことが一般的です。そのほかに、「感染症や伝染病の既往」「身元引受人の有無」「資産・収入・支払い能力」など各施設がそれぞれに定める条件によって、入居の可否が判断されることがあります。

 

費用

初期費用と月額利用料で構成されることが一般的ですが、介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホームと比較するとどちらも割高なことが多いです。特に、初期費用が高く設定されている傾向にあり、設備が整った施設の場合は億単位の初期費用に達する場合もあります。

 

初期費用 0円~数億円(目安)

月額費用 10万円~40万円(目安)

 

介護・医療体制について

施設スタッフから提供されるサービスは、食事や掃除、洗濯といった身の回りの世話が中心です。それ以上の介護・医療サービス等が必要となった場合は、外部事業者との契約のもとで適宜必要なサービスを受ける必要があります。しかし、重度の要介護レベルになった場合は施設側にも対応する設備・ノウハウがないため、退去しなければなりません。

 

施設・設備

生活の拠点となる居室には、トイレ、浴室、キッチンなどが設置されていることが一般的です。共用スペースは、カラオケや園芸など趣味用の設備や、プールや温泉などの健康設備など施設によってバラエティあふれる構成となっています。自立できる入居者が大半を占める性質上、趣味・文化スペースの充実は各施設が力を入れるポイントとなっています。

全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ