高齢者住宅とは 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

高齢者住宅とは


高齢者住宅の種類

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは
介護福祉士やヘルパーなど専門的な介護知識を持ったスタッフが常駐し、入居者を見守ります。また、スタッフによる「安否確認」「生活相談」などのサービスも付属します。現在、各自治体で整備が進められており、少しずつ物件数が増加しています。
高齢者専用賃貸住宅(高専賃)とは
高齢者の入居を拒まない「高齢者円滑入居賃貸住宅」のなかでも、高齢者に限定して賃貸している住宅を指します。バリアフリーなどの設備は整っていることが一般的であり、通常の賃貸住宅での契約が難しい高齢者でも契約がしやすいというメリットがあります。⇒現在はサービス付き高齢者住宅への一本化が進んでいます。
高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)とは
UR都市機構や、民間事業者によって運営され、居室の広さや設備面で都道府県の認可を受けた住宅です。制度は終了しましたが、現在も一部の自治体では助成金が継続しています。入居は60歳以上に限られ、物件のある都道府県に在住もしくは在勤していることが条件となります。⇒現在はサービス付き高齢者住宅への一本化が進んでいます。
シニアマンションとは
民間の事業者によって運営されていて、家事などを施設スタッフへと任せて暮らすことができます。分譲物件なので、必要がなくなった場合の売却や他社への賃貸が可能です。ただ、入居対象となるのは自立もしくは要支援など介護度が低い高齢者であり、介護度が高くなると別施設への転居が必要となる場合が多くなっています。
公営高齢者住宅とは
各自治体が運営する高齢者住宅で、民間と比較して費用が安く抑えられる点が大きな魅力となっています。サービス付き高齢者住宅や高齢者専用賃貸住宅、高齢者向け優良賃貸住宅のなかに公営に該当する物件があります。都市再生機構が賃貸するUR賃貸住宅も公営高齢者住宅にあてはまります。
全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ