サービス付き高齢者向け住宅 (サ高住) とは 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

サービス付き高齢者向け住宅 (サ高住) とは


サービス付き高齢者向け住宅 (サ高住) とは

高齢者向け住宅の安定確保は国にとっても大きな課題であり、現在急ピッチで整備が進められています。かつての高齢者向け住宅は「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)」「高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)」などその特徴によって名称が異なっていました。しかし、利用者にとっては違いが分かりにくいという指摘もあり、2011(平成23)年にそれらを一本化して誕生したのがサービス付き高齢者向け住宅です。登録や事業者への指導や監督は都道府県・政令市・中核市が行います。

 

 

特徴

その名の通り、スタッフによる「安否確認」「生活相談」などのサービスが付属した住宅のことを指します。各施設には介護福祉士やヘルパーといった介護専門知識を持つスタッフが常駐し、高齢者を見守ります。段差をなくした床や手すりの設置といったバリアフリー基準や、専用部分の床面積は原則25㎡以上かつキッチン、トイレ、収納設備などの設置が必要となるなど、広さや設備に関して基準をクリアした住宅です(設備等の基準は自治体によって異なる場合があります)。

 

入居の条件

60歳以上が入居の条件となります。老人ホームではなく、一般の賃貸住宅という区分になり、健常者・自立生活者から要介護者まで誰でも入居は可能です。しかし、現実的には要介護1~2程度の方の入居が多くなっています。

 

費用

初期費用として必要となるのは、一般の賃貸住宅と同様に敷金・礼金や賃料の前払い金です。以後、月々の利用料が発生するほか、介護や医療サービスを受けるごとに、別途、自己負担分の費用がかかります。

初期費用 敷金・礼金など。0円~数百万円
月額利用料
(家賃、管理費、サービス提供費、共益費、食費の合計)
10万円~30万円前後(目安)
利用サービスに応じて、別途支払いが発生

 

介護・サービス体制

常駐スタッフによる見守りや生活相談のほか、食事、家事、介護といった外部サービスを受けることができます。また、同じ建物内や近隣に在宅介護サービスの事業所が併設されている場合も多くあります。自らが必要とするサービスだけを選択することで、比較的高い自由度で暮らせることがサービス付き高齢者向け住宅のメリットです。

 

施設・設備

定められた広さ以上の居室・設備やバリアフリー構造はすべてのサービス付き高齢者向け住宅に共通します。また、利用者同士の交流を通じて、より文化的で充実した暮らしの提供をはかる取り組みも注目です。カラオケや麻雀ルームといった趣味スペースの充実のほか、共用部分でバラエティに富んだ催し物を開催する施設も増えてきています。

全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ