軽費老人ホームとは 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

軽費老人ホームとは


軽費老人ホームとは

 

軽費老人ホームは、食事や入浴、その他の日常生活のサポートといったサービスを提供しています。運営にあたっては国や自治体から補助金が拠出されており、低料金で利用できることが魅力となっています。完全自立での日常生活を営むには不安を抱えているものの、頼れる身寄りがいなかったり、家庭の事情などによって家族と同居ができない方が主な入居対象者となります。現在、軽費老人ホームはA型、B型、そしてC型と呼ばれる「ケアハウス」の3種類が存在しています。

 

2008年に基準が見直され、すべての軽費老人ホームはケアハウスの基準に統一されることとなりました。そのため、現在各地にあるA型・B型施設は今後建て替えが進められる「経過的軽費老人ホーム」と分類されています。

軽費老人ホームの種類

 

A型

食堂を併設しており、食事の提供サービスがある

B型

事提供はなく、自炊できる方が対象となる

ケアハウス(C型)

居室はすべて個室で、所得による入居制限はなし。要介護認定を受けている場合は、介護保険を使用して居宅介護サービスを受けることができる

 

軽費老人ホーム(A型・B型)のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 補助金が出ているため、費用が安い
  • 要介護状態になると退去が必要な場合がほとんど
  • 入居に収入・資産等の条件がある
  • 居室が狭いところが多い

 

概要・入居の条件

60歳以上の高齢者(夫婦の場合はどちらかが該当していれば可)で、自宅での自立生活ができない方が対象となります。また、もともと経済的に苦境にある方を支援するために設けられた制度であるため、A型・B型では入居にあたっては所得による入居制限があります。このほかに、共同生活への順応性など各施設が定める条件をクリアすれば、入居が認められます。

ただ、軽費老人ホームは自立生活に「不安がある」程度の方を受け入れる前提の施設であるため、介護度が上がった場合には、介護付有料老人ホームなど他施設への転居を余儀なくされる場合があります。

 

費用

原則として、入居一時金や敷金・礼金などの初期費用は必要ありません。毎月の利用料は、世帯収入や課税額によって変動しますが、他の高齢者施設と比較して安く抑えられています。

A型(食事提供あり) 月額6~15万円程度(目安)

B型(食事提供なし) 月額3~5万円程度(目安)

 

施設・設備

館内は車いすの方でも生活できるようにバリアフリー構造をなっています。居室は、1人用の個室が一般的です。自炊が必要となるB型では、各個室にキッチンやトイレが設けられています。居室のほかには、浴室や共同生活室などの共同設備が備えられています。

全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ