ケアハウスとは 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識 ケアハウスとは

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識 ケアハウスとは

ケアハウスとは


ケアハウスとは

 

ケアハウスは、「軽費老人ホームC型」とも呼ばれる施設です。同じく軽費老人ホームであるA型・B型と同様に運営には自治体の助成を受けており、比較的低価格で利用することが可能です。

ケアハウスカテゴリのなかにも、自立生活に不安がある高齢者を受け入れる「一般(自立)型」と、要介護状態の高齢者を受け入れる「介護(特定施設)型」の2種があります。一般型では食事や掃除の世話といった生活援助系サービスの提供が中心です。一方、介護型では入浴や食事時の介護サービスほか、機能訓練、さらには高度な医療ケアに対応する施設もあります。

 

一般型、介護型のどちらとも身寄りがなかったり、家庭の事情で家族との同居が難しい高齢者が入居対象者となります。一般型では介護度が上がった際に退去を求められることがありますが、介護型の場合は重度の介護状態になった際にも継続して入居することができるという違いがあります。

 

ケアハウスの違い
一般型 介護型
  • 所得に応じて負担額が決まる
  • 初期費用が安い
  • 施設内での自由度が高い
  • 介護保険を利用して、居宅サービスが受けられる
  • 利用者の平均年齢が80歳程度と高齢化
  • 介護度が上がった場合に退去が必要
  • 個室での介護が可能
  • 初期費用が大きい
  • 介護度が上がっても住み続けられる

 

概要・入居の条件

一般型の場合は60歳以上の高齢者(夫婦の場合はどちらかが該当していれば可)、介護型の場合は65歳以上で要介護度1以上の認定を受けている方が入居対象となります。また、入居にあたっては、「頼れる身寄りがない」「家族と同居できない」などの条件や、共同生活への順応性、(一部の介護型では)認知症の進行度合いなど施設ごとに基準が設けられている場合があります。施設選びにあたっては、まず詳細を各施設に問い合わせておきましょう。

 

費用

一般型、介護型ともに初期費用と月額費用がかかります。一般型では初期費用が必要となる施設がある一方で、介護型の場合は初期費用が比較的高額に設定されています。月額費用は、施設の設備・サービス内容や入居者の介護度、世帯収入状況や課税額などによっても変動します。

 

一般型 初期費用 25~35万円/月額費用7~13万円(目安)

介護型 初期費用 50~数百万円/月額費用15~20万円(目安)

 

施設・設備

一般型、介護型ともに居室と各種共有設備から構成されます。特に一般型では、居室内のトイレやミニキッチンのほか、食堂などの共有設備、レクリエーション設備の充実などハード面での施設の差別化も進んでいます。

全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ