訪問介護とは 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

訪問介護とは


訪問介護(ホームヘルプ)について

 

訪問介護は、利用される方が自宅で自立生活を行うためのサポートを行います。施設ではなく、住み慣れた自宅でサービスを受けられることが、利用者とご家族にとって大きなメリットとなっています。さまざまな介助を実際に担当するヘルパーは、ケアマネージャーやかかりつけ医などの関係者と適切に連携しながら、必要なサービスを提供します。訪問介護で提供されるサービスの内容は、身体介護と生活援助の大きく2つに分けることができます。

 

<身体介護に該当するもの>
食事や水分の補給
着替えや身だしなみのサポート
入浴・洗面のサポート
排泄のサポート
ベッドや布団での体位変換
通院時のサポート

 

 

<生活援助に該当するもの>
調理
居室の掃除やゴミ出し
買い物
洗濯

 

気を付けておきたいのは、訪問介護で提供されるサービスは、あくまで利用者にとって「直接的な」援助となる「日常生活の範囲」のものであるという点です。例えば、ご家族のための家事や来客対応や、ペットの世話や草むしりなど必要最低限から逸脱した内容のサービスは提供されないことをあらかじめ理解しておきましょう。

 

<サービスの対象となるのは?>

要支援1以上の認定を受けた方が対象となります。

 

<サービスを担当するのは?>

介護保険制度のもとで訪問介護に従事する訪問介護員(ホームヘルパー)は、特定の資格を保有し専門的な知識・技能をもったスタッフになります。現在ヘルパーの数は、全国で約40万人に達します。

かつては、国家資格である介護福祉士や訪問介護員養成研修修了者、介護職員基礎研修修了者など資格が複数にわたっていましたが、体系が複雑であったため2013(平成25)年4月より、「介護職員初任者研修」に一本化されています。

 

<費用の目安>

費用は、利用者の介護度と利用時間によって決まります。お住まいの地域の地域区分によって負担額は異なりますが、価格のおおよその目安は下記となります。

 

要支援1・2の認定を受けた方

サービス費用の設定 毎月の利用者負担(1割)
週1回程度の利用 1226円
週2回程度の利用 2452円
要支援2 週2回を越える利用 3889円

(厚生労働省HPより)

 

要介護1~5の認定を受けた方

サービス費用の設定 毎回の利用者負担(1割)
身体介護 20分未満 171円
20分以上30分未満 255円
30分以上1時間未満 404円
1時間以上1時間半未満 587円
生活援助 20分以上45分未満 191円
45分以上 236円
通人事の乗車・降車等介助 101円

(厚生労働省HPより)

全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ