訪問看護とは 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

訪問看護とは


訪問看護について

訪問看護は、看護師をはじめとした専門的スキルを持ったスタッフが、利用者の療養生活を支援するサービスになります。利用者にとっては、住み慣れたご自宅でサービスを受けられることが大きなメリットです。サービス担当者は、かかりつけ医やケアマネージャーなどの関係者と協同しながら、支援を行います。ここでは訪問看護ステーションを通じた訪問看護について詳しく説明します。

 

<主なサービス内容は?>

利用者の心身の状態を注意深く観察しながら、かかりつけ医との連携のもとで適切なサービスを提供します。訪問看護で提供されるサービスの内容は下記のように多岐にわたり、24時間365日体制で支援を実施します。また、必要に応じて、入退院の相談・提案も行います。

  • 日常生活におけるケア・サービス
  • かかりつけ医の指示に基づく医療処置
  • 病状の観察
  • 医療機器の管理
  • 在宅でのリハビリテーション
  • 認知症の看護
  • 介護予防
  • ご家族への介護支援・相談
  • ターミナルケア

 

<サービスの対象となるのは?>

病気や障がいを持っている方が対象となり、医療保険、介護保険のどちらかを使ってサービスを利用することができます。介護保険で訪問介護を利用する高齢者の場合には、要支援1以上の認定が前提となります。

 

<サービス利用を開始するには?>

利用開始には、担当のケアマネージャーへ相談し、利用者の居宅サービス計画に訪問介護を組み入れてもらう必要があります。その後、ケアマネージャーからかかりつけ医へ依頼があり、かかりつけ医が地域の訪問看護ステーションに交付した「訪問介護指示書」に基づいて、それぞれの利用者の心身の状況に合ったサービスが開始されます。

 

<サービスを担当するのは?>

看護師、准看護師のほか、助産師、保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのスタッフがそれぞれの専門的スキルを生かし、かかりつけ医の指示書に沿ったサービスを提供します。

 

<費用の目安>

介護保険もしくは医療保険、利用する公的保険の種類によって利用料は異なります。介護保険を利用する場合※1 毎回、費用の1割を自己負担健康保険・国民健康保険を利用する場合※2

※1
訪問介護数の増加などによって支払限度額を超過した場合や、保険給付対象外となるサービスに関しては全額自己負担が必要となります。

※2
所定の時間を超えるサービスや、休日や時間外サービスなどは差額の負担が必要となります。また、交通費やおむつ代などは実費の負担が必要となります。

 

<その他の訪問介護サービス>

訪問看護ステーション以外にも、下記のような機関が訪問看護サービスを提供しています。

  • 病院や診療所などの医療機関
    介護保険の1割負担もしくは社会保険の自己負担分費用がかかります。
  • 民間企業
    全額自己負担となります。
  • 自治体の訪問指導
    基本的に無料です。
全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ