通所リハビリ (デイケア) 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

通所リハビリ (デイケア)


通所リハビリテーション(デイケア)について

通所リハビリテーションは、送迎バスなどに乗って老人健康保険施設や病院、診療所などの施設へと向かい、リハビリテーションを行うサービスを指します。利用者が自宅で自立生活を営むためのサポートを目的とし、日常生活に役立つ各種の機能訓練や、口腔機能向上サービスなどが提供されます。

 

<主なサービス内容は?>

通所リハビリテーションで提供されるサービスは、大きくふたつに分けることができます。まずひとつは、食事や入浴、衣服の着脱などの生活援助サービスです。ふたつめは、理学療法士や作業療法士など専門的なスキルを持ったスタッフによる機能回復訓練です。

注意しておきたいのは、通所リハビリテーションを利用する場合、通所日数やリハビリの内容を利用者の都合で決められないことです。それぞれの利用者は、ケアマネージャーが作成したケアプラン内にあるプログラムに沿って、各種機能の向上・回復をはかっていきます。訪問リハビリテーションと比較して、通所の場合は施設内に専門の機器がそろっていたり、他の利用者とのふれあいを通じて精神的なリフレッシュがはかれるなどのメリットがあります。一方で、1対1の訪問リハビリテーションと比較して個別メニューに限りがあるなどのデメリットもあるため、それぞれの利用者の状況に合ったサービスを選択することがとても大切になります。

 

<サービスの対象となるのは?>

要支援1以上の認定を受けた方が対象となります。

 

<サービスを担当するのは?>

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士とそれぞれに国家資格を有するリハビリテーション専門スタッフが、利用者のご自宅へと派遣されます。それぞれ、「身体機能」「生活機能」「音声機能や言語機能」の専門領域を担当します。同じ国家資格を持ったスタッフが担当していても、機能訓練のメニューは事業所によって異なります。また、その他の生活援助サービスの内容は事業所によって異なるので、事前に内容や雰囲気の確認をしておくとよいでしょう。

 

<費用の目安>

要支援認定を受けた方

費用の設定毎月の利用者負担(1割)共通的サービス要支援12433円要支援24870円選択的サービス運動器機能向上225円栄養改善150円口腔機能向上150円

(厚生労働省HPより)

 

要介護認定を受けた方

費用の設定 1回の利用者負担(1割)
通常規模※の事業所の場合(6時間以上8時間未満) 要介護1 677円
要介護2 829円
要介護3 979円
要介護4 1132円
要介護5 1283円

(厚生労働省HPより)

※通常規模は、月当たりの平均利用延べ人数が750人以内を指します

全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ