夜間対応型訪問介護 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

夜間対応型訪問介護


夜間対応型訪問介護について

自宅で、高齢者の介護を続けるご家族にとって、心強い味方となるのが夜間対応型訪問介護です。要介護者の体調の変化や持病の発作などが24時間いつ起こるかわからないために、常に精神的に緊張状態を強いられているご家族はたくさんおられます。また、「要介護者の状況が気になってなかなか熟睡できない」などといった声も多く、その多くが慢性的な介護疲れやストレスへとつながっていきます。

夜間対応型訪問介護は、利用者がなるべく自宅での自立した生活を送れるように、訪問介護員が夜間に自宅を訪問する制度です。夜間帯の対応を一部であっても専門スタッフに任せることで、ご家族の負担は大きく軽減されます。夜間も介護で手いっぱいとなり、ご家族も疲弊してしまっては元も子もありません。夜間対応型訪問介護も選択肢のひとつとして捉えながら、利用者にとってもご家族にとってもよりよい介護生活に結び付けましょう。

 

<主なサービス内容は?>

夜間対応型訪問介護のサービスは、3つに分けることができます。

 

定期巡回 夜18時から翌朝8時までの夜間帯に、定期的な訪問を受けます。訪問時には、排せつの介助や安否確認などを受けます。
オペレーション
センターサービス
利用者の状況を事前にオペレーションセンターが把握します。利用者からの通報に応じて、センターが訪問の必要性を判断します。
随時対応 オペレーションセンターなどを通じて訪問介護員を呼び、サービスを受けます。例えば、ベッドから転落して起き上がれない、就寝中に体調が急激に悪化したといった場合に、介助をされたり、救急車・病院の手配をしてもらったりします。

夜間訪問介護で提供されるサービスも、日中の訪問介護と同様です。あくまで利用者にとって「直接的」な援助となる「日常生活の範囲」のものでなければなりません。例えば、ご家族のための家事や来客対応や、ペットの世話や草むしりなど必要最低限から逸脱した内容のサービスは提供されないことを、あらかじめ理解しておきましょう。

 

<サービスの対象となるのは?>

要介護1以上の認定を受けた方が対象となります。

 

<サービスを担当するのは?>

日中の訪問介護と同様に、特定の資格を保有し専門的な知識・技能をもった訪問介護員(ホームヘルパー)がサービスを担当します。

 

<費用の目安>
サービスの内容 利用者負担(1割)
オペレーションセンターを
設置している事業者の場合
基本夜間対応訪問介護※ 1006円(1月あたり)
定期巡回サービス 383円(1回)
随時訪問(訪問員1人) 583円(1回)
随時訪問(訪問員2人) 785円(1回)
オペレーションセンターを設置していない場合 2775円(1月あたり)

※基本夜間対応介護とは、緊急時に専用端末を通じた利用者からの連絡が入る体制を指します。

全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ