定期巡回・随時対応型訪問介護看護 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

定期巡回・随時対応型訪問介護看護


定期巡回・随時対応型訪問看護について

利用者が、24時間安心して在宅で暮らすことを目的とした介護サービスです。スタートは2012(平成24)年4月と、比較的新しい制度となっています。定期巡回・随時対応型訪問看護では、介護職員と看護職員が連携し、お互いに必要な連絡を取り合いながら、全部で4つのサービス内容を組み合わせて利用者をサポートします。

 

<主なサービス内容は?>

定期巡回・随時対応型訪問看護では、全部で4つのサービスを適宜組み合わせます。

定期巡回サービス 定期的に住まいを訪問する訪問看護員が、入浴や排せつなどの日常生活上の介助を行います。
随時対応サービス オペレーションセンターが緊急時に通報を受け、利用者に必要なサービスの手配(人員の派遣、救急車の手配など)を行います。
随時訪問サービス オペレーターからの要請を受けた訪問介護員が、利用者の住まいを訪問し、必要な介助を提供します。
訪問看護サービス 医師の指示のもとに看護師が住まいを訪問し、療養上の世話や診療のサポートといった医学的なケアを提供します。

それぞれに性格が異なるサービスが組み合わさっているので、柔軟な対応が期待できる点が大きな強みとなっています。安否確認や見守りだけといったサービスの利用も可能です。

 

<サービスの対象となるのは?>

要介護1以上の認定を受けた方が対象となります。しかし、定期巡回・随時対応型訪問看護を利用した場合には、内容が類似した他の訪問介護・訪問看護・夜間訪問介護などの介護保険サービスは使用できないので注意しておきましょう。

 

<サービスを担当するのは?>

訪問看護と訪問介護をひとつの事業所が受け持つ「一体型」と訪問介護事業者が、地域の看護事業所と連携しつつサービスを提供する「連携型」の2種類があります。

どちらのタイプでも、訪問介護は、特定の資格を保有し専門的な知識・技能をもった訪問介護員(ホームヘルパー)がサービスを担当します。これは一般的な訪問看護や夜間訪問看護と同様です。一方、訪問看護は看護師などが対応し、必要に応じて医療的なケアも提供します。

 

<費用の目安>
サービス内容 介護度 毎月の利用者負担(1割)
一体型 訪問看護サービスなし 要介護1 6707円
要介護2 11182円
要介護3 17900円
要介護4 22375円
要介護5 26850円
訪問看護サービスあり 要介護1 9323円
要介護2 13999円
要介護3 20838円
要介護4 25454円 連携型で訪問看護を受ける場合
要介護5 30623円
連携型※ 要介護1 6707円 別途2920円
要介護2 11182円
要介護3 17900円
要介護4 22375円
要介護5 26850円 別途3720円
全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ