静岡

田中 美保

静岡OS-1

介護の悩みや迷いに真摯に向き合います

介護施設探しを相談する(無料)

お住まい相談員になろうと思ったきっかけは?

特別養護老人ホームで勤めているとき、居宅介護支援事業所のケアマネージャーさんが「どこの施設も入れてくれない」「金額や空きの状況を把握するのが大変」と話されていたのを聴いたのが、お住まい相談員になるきっかけでした。
また、祖母が入院していたときにも、病院から施設入居をすすめられてリストだけ渡され、親が探すのに困っているのを見ていたことも、この仕事を選んだ理由につながっています。

仕事のむずかしさを感じる瞬間は?

お住まい相談員の仕事は、利用者様をはじめ、ケアマネージャーさんやソーシャルワーカーさんの困っていることを、施設探しという形で解決します。しかし、困っていることを引き出すのが難しいと感じています。特にケアマネージャーさんやソーシャルワーカーさんは、日々忙しく働かれている職業。「大丈夫です」「間に合っています」と言われてしまうと、会話をつづけられなくなってしまいます。医療や介護、施設についてもっと勉強し、話の引き出しを増やしていきたいと思います。

仕事で大切にしていることは?

静岡OS-2

話を聴くことと、笑顔です。
利用者様の想いをしっかりと受けとめ、希望に合った施設をご紹介するために、話をしっかりと聴くことを心がけています。同じ要介護度であっても、希望が同じ予算、同じエリアであっても、ご本人やご家族の想いによって、ふさわしい施設は異なります。そのためには、話をしっかりと聴いて、それぞれの想いを理解し、受けとめることが大切だと思います。身体状況や希望条件から施設をリストアップするだけなら、祖母の施設探しのときと同じです。私は静岡市内の高齢者施設を知りつくしたお住まい相談員として、その人にもっとも合う施設を提案していきたいと思います。
また、もうひとつ仕事で大切にしているのが、笑顔。施設探しは、旅先を選ぶように楽しいことばかりではありません。退院したら自宅に帰るつもりだったのに帰れなくなったから、本当は家族で介護をしたいけど現実的にはできないから…など、さまざまな事情で相談を受けます。ときには、涙される利用者様もいらっしゃいます。だからこそ、笑顔を大切にしたいのです。私が笑顔でなければ、利用者様を笑顔にすることはできませんから。

仕事のやりがいを感じる瞬間は?

「すごく安心した」という言葉をいただいたとき。
「ありがとう」と言われたとき。
なかなか理想の施設が見つからなくて大変だったご相談も、無事に入居が決まってこんな言葉をいただけると、それまでの苦労を忘れてしまいます。

この仕事をしてうれしかったことは?

ご本人、ご家族、ケアマネージャーさん、ソーシャルワーカーさんに「助かりました!」と直接言われたときです。やはり、直接このような言葉をいただけると、お住まい相談員をしていて良かったと、本当にうれしいです。

静岡OS-3

介護の悩みや迷いに真摯に向き合います

介護施設探しを相談する(無料)

対応エリア

・静岡県
静岡市

お住まい相談員は介護施設探しのプロです

納得いく施設探しから入居までを全面サポート!

top