北九州

吉村 匡弘

九州出身。コールセンターの管理者、不動産会社の系列企業で社会経験を積み、介護業界に興味を持ち、お住まい相談員になる。

介護の悩みや迷いに真摯に向き合います

介護施設探しを相談する(無料)

お住まい相談員になったきっかけは?

住まいというのは、人のくらしの質を大きく左右するものですよね。これまで不動産にかかわってきたことから経験を生かすことができるのではないかと思うようになりました。また、これからは高齢者の方も多くなっているのでより社会に貢献できる仕事なのではないかと考えるようになりお住まい相談員になりました。

仕事で大切にしていることは?

日々様々な相談者の方とお会いしますが、だれでも初対面の人には遠慮してしまいますよね。緊張もするとおもいますし。なので、相談者がきちんと自分の意見を言えるような環境を作ることができるように相談者の声を聴くようにしています。
また、聞き間違いがないように何度も聞き直したりもしています。常に確認を怠らず、再確認も欠かしません。

仕事のやりがいは?

私が提案した施設に入居者した相談者の方が、施設で楽しそうに笑っていたり、レクリエーションを楽しんでいたりするのを見るとよかったなと思います。素直に自分の仕事がその人の生活をより豊かにすることができたんだなって。幸せな気分になりますね。

将来の目標や夢を教えて下さい。

高齢者施設を紹介するという「お住まい相談員」という仕事はやりがいのある仕事だと私自身思っています。なので、ウチシルベを多くの人に知ってもらうことが今の目標です。あと、仲間を増やして切磋琢磨しながら互いにスキルアップできたらいいなと思っています。

スキルアップのために行っていることは何かありますか?

介護業界は専門知識も多くいりますから、常に情報をテレビや新聞、専門誌、インターネットなどで情報を得ることにしています。わからないことはメモをして時間があるときに調べています。わからないことをきちんと解消していく。日々の積み重ねが大切ですね。

仕事の難しさを感じる瞬間は?

介護の専門的な知識を学ぶのはもちろんですが、スケジュールの調整などは大変だなと感じます。相談者はもちろん、ケアマネージャーや施設の担当者などが問題なくスムーズに進むようにきちんと手順を考えて行動しています。
お住まい相談員として仕事をしていると、日々の業務の中で学ぶことも多いです。相談者の笑顔をたくさん見ることができるようにするためにもっと勉強が必要だなと感じますね。

介護の悩みや迷いに真摯に向き合います

介護施設探しを相談する(無料)

対応エリア

北九州市全域(門司区、小倉北区、小倉南区、若松区、八幡東区、八幡西区、戸畑区)、行橋市、中間市、遠賀郡(芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町)、京都郡(苅田町、みやこ町)

お住まい相談員は介護施設探しのプロです

納得いく施設探しから入居までを全面サポート!

top