老人ホームの裏側大公開特別セミナー(無料)

お住まい相談員の日々
お住まい相談室

 今回のセミナーは二部形式に分けてお届けします。第一部では老人ホーム選びの専門家である「ウチシルベ」のお住まい相談員を務める私が、ホームを選ぶ際のポイントや注意点、それぞれの施設の種類の違いなどをわかりやすく解説します。 第二部では入居・入院時の保証人、財産管理、死後の事務手続きまでを一括サポートする、ベストファームグループ一般社団法人東京シルバーライフ協会が提供する高齢者生活支援サービス「オーカスタイル」をご紹介。 今回は相続グループリーダーが成年後見制度についても触れながらご説明いたします。

ご家族が亡くなってからの施設探し

相談実例
日本地図

郡山市内のケアハウスに20年程前から入所している80代の女性は加齢とともに身体能力が低下し、施設を探す必要が出てきました。

元々は近くに住む妹さん夫婦がKP(キーパーソン)を務めておられましたが、今年、二人とも相次いでお亡くなりになり、その後、夫婦の息子さん=ご本人にとっての甥っ子さんが新たなKPになりました。

親を施設に入れる抵抗感

相談実例

先月郡山市内の介護施設に入居された方のご家族のエピソードをお伝えします。

一人暮らしをしていた90代の女性が身体能力の低下と共にショートステイを連泊で使用していました。しかし、そこで食事を摂ることが困難になってきており、専門の介護用の食事をご家族が用意してそこに持ち込んでいたものの、それでも日に日に食べることが難しくなっていました。個々の状態に合わせた食事の調整や介助がある入居型の介護施設になるべく早く入った方がいいということをご家族は頭では理解をしていました。

民間の高齢者向け住宅・介護施設の役割

お住まい相談員の日々

 ウチシルベ福島の名村考太です。2018年から福島県郡山市で民間の高齢者施設の入居者紹介業を行っています。それまで不動産関連の仕事に長く携わってきました。介護の業界については、耳慣れない用語が多く、最初はとても戸惑いました。これは、初めて身内の介護に直面される方も同じく悩みを抱えておられるかもしれません。

民間賃貸住宅から高齢者向け賃貸住宅へ引っ越した相談例

お住まい相談員の日々
相談実例

 相談内容
相談者

地域包括支援センターからウチシルベを紹介された女性からの紹介

キーパーソン/知人の女性(姪)

 
ご相談内容
今回の入居をお手伝いしたのは86歳の女性Aさんでした。Aさんは神奈川県西部に住んでいましたが、その賃貸マンションの管理会社から突然姪である福島県中地域在住のOさんに連絡が来て、「本人の賃貸借契約書の更新するために連帯保証人が必要」だと告げられたそうです。そこでこれを機にOさんが自宅に近いエリアで介護施設を探すことになりました。