福岡本部

深川 新司

prof02_1

福岡県出身。県内の大学卒業後、介護施設に勤務。その後、大手飲料メーカーで営業職を務め、2015年より福岡市のお住まい相談員として活躍する。趣味は、中学時代から続けるバレーボールでママさんバレーのコーチを務める。好きな言葉は、「一期一会」。

お住まい相談員になろうと思ったきっかけは?

大学卒業後は、人と接する仕事がしたいと思いました。子どもが好きなので一時期は、保育士を目指していましたが、高齢化が進む今、地元に貢献できればとおもい高齢者施設で働くことを決めました。介護員や事務員、施設入居の相談員をする中でいろんな人と出会い、仕事が楽しいと思うようになりました。そして一番は、人に頼られる、感謝されることに喜びを感じることができるようになりました。一時期、社会人としての仕事の幅を広げようと飲料メーカーで仕事をしましたが、介護業界での思いが心に残っていたので、高齢者施設のお住まいを探す仕事「お住まい相談員」になろうと思いました。

仕事のむずかしさを感じる瞬間は?

日々変化のある業界ですので、勉強することが多いですね。高齢者施設で仕事をしていたときも介護に関する知識はありましたが、当時と今を比べると施設の種類やご利用者様の年齢層といったニーズも変わってきています。学ぶことは大変ですが、説明を受けたりすることで新しい発見などもあり、苦労もありますが、やりがいを感じることができます。

仕事で大切にしていることは?

prof02_2

提案したお住まいの情報や経過報告は利用者様にこまめに伝えるようにしています。できるだけ多くの情報を知って役立ててほしいと考えているんです。また、施設提案の参考になればと、時間があるときは見学にも行っています。スタッフに特徴や雰囲気を聞くことで、提案するときの幅も広がるとおもいますからね。

仕事のやりがいを感じる瞬間は?

利用者様にありがとうといわれたときでしょうか。世の中には、たくさんの仕事があります。その中でも対面して人に頼られる、感謝されることは、サービス業の特権だと思っています。高齢者のお住まい探しは、利用者様の生活の質を左右するものです。選び方1 つで豊かになるかどうかが決まってきます。なので、使命感を持って仕事に当たらなければならないと私自身、身が引き締まりますね。

将来の目標は?

私は周りの人からよく「相談しやすい」「親しみやすい」といわれます。自分でもそこが長所と思っているんです。スキルを活かして将来は、“信頼される相談員”になりたいと思っています。目標の相談員に1つでも近づけるように私自身も相談しやすい雰囲気づくりを心がけています。相手の気持ちを考慮して、話せば自然といい関係を気づくことができ、
いつかは利用者様に「深川さんにぜひお願いしたい」といわれるような存在になれたらと思っています。

prof02_3

対応エリア

福岡市

top