見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

0120-253-347

老人福祉施設って具体的にどういうもの?

記事公開日:2015/10/27、 最終更新日:2018/07/19


有料老人ホーム・高齢者向け住宅をお探しですか

老人福祉施設って具体的にどういうもの?

老人福祉施設といわれても、なんとなくイメージできますが具体的にはどのようなものか理解している人は少ないのではないでしょうか。介護従事者の方でもハッキリと認識していない人も多いかと思います。

 

①老人福祉施設は総合的な名称です

厳密に言いますと老人福祉施設という施設はありません。老人福祉施設は老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、老人福祉センター、老人介護支援センターを総合した名称になります。

よく特別養護老人ホームが老人福祉施設だと認識されていますが、特別養護老人ホーム以外でも様々な施設が老人福祉施設だといえます。

 

老人福祉施設の由来

老人福祉施設が定められたのは昭和38年の老人保健法ですので現在ではほとんど使われていない施設もあります。

老人介護支援センターがその代表的な施設になります。

このセンターは介護について相談受付をするところであり、相談を受け付け市町村や地域包括支援センター、居宅介護支援事業所など様々な施設に連絡する施設です。

しかしその数は非常に少なく、介護の相談については居宅介護支援事業所や地域包括支援センターなどが担っている部分があります。

>関連:なぜウチシルベは無料で老人ホームを探してくれるの?
 

養護老人ホーム?軽費老人ホーム?

養護や軽費老人ホームは一般的に聞きなれない名前ですが、どのような施設なのでしょうか。

・養護老人ホームは以前の老人福祉法の色が濃く残っている施設であり、自宅で生活ができない高齢者、身寄りのない高齢者、虐待を受けている高齢者に対して市町村が判断をして措置で入所してもらう施設です。

数は特別養護老人ホームに比べて非常に少ないのです。

・軽費老人ホーム

軽費老人ホームはケアハウスとも呼ばれる施設で、ある程自立している高齢者を対象としている施設です。料金的にも非常に安いですので、自宅で一人で過ごすことが不安な高齢者が入所されています。

 

施設を効率よく探すには?

老人ホーム探しが必要になったら
こちらから相談することができます。プロが無料で相談に乗ってくれて、見学の設定から同行、入居の手続きのサポートまでおこなってくれます。
家族の手に負えないくらいに認知症が進んだり介護度が重たくなってしまったら早いうちから老人ホーム探しを決意したほうがいいでしょう。老人ホームのことは老人ホームに詳しいプロに相談しましょう。

老人ホーム探しはおまかせください

プロに施設探しを相談する

お住まい相談員がピッタリの老人ホームをご提案

0120-253-347

ウチシルベ編集部
ウチシルベ編集部です。お住まい相談員や高齢者向け住宅、介護にまつわる情報を発信していきます。
ウチシルベ