有料老人ホームとは 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

有料老人ホームとは


高齢者がより快適に、イキイキと暮らすことを配慮した介護施設を、有料老人ホームと総称します。「住まい」の機能はもちろんのこと、洗濯や掃除、炊事などの家事や入居者の健康管理などのサービスが付属します。

もちろん、ひとくくりに有料老人ホームといっても、施設によって対象となる方やそのサービス内容は大きく異なるため、自らの状況にもっとも適した設備を選ぶことが大切です。

 

有料老人ホームの種類

介護付有料老人ホームとは
介護が必要になった場合は、施設スタッフによる介護が受けられます。介護サービスに関し手を外部事業者に委託する「外部サービス利用型」と呼ばれるタイプも含まれます。
住宅型有料老人ホームとは
介護が必要になった場合は、ケアマネジャーが作成したケアプランをもとに外部の在宅介護サービスを利用して暮らしていきます。施設から提供されるのはごく一部の生活援助のみです。
健康型有料老人ホームとは
自立して日常生活を送れる方を対象とし、家事などの生活援助が提供されます。介護が必要となった場合には、設備や体制が整った他の施設への移転を余儀なくされる場合があります。

 

【有料老人ホーム比較表】

kiso02

 

入居時の年齢

サービス付き高齢者向け住宅では「60歳以上」、介護保険は基本的に「65歳以上」といった決まりがあり、入居の年齢の基準となっています。しかし、一部にはもっと若い年齢からの入居を認めている施設もあります。また、夫婦での入居を希望する場合には、どちらか一方が条件を満たしていれば、入居を許可される施設もあります。

 

一概には言えませんが、健康型・住宅型ホームの場合は「75歳前後でご自身の判断で入居される方」、介護型の場合は「80歳を越えてご家族の判断で入居される方」が多くなっています。

 

入居時の身体状況

設備や介護、医療の人員体制の状況によって、各施設では下記の身体条件を定めています。

 

入居時自立⇒スタッフの手を借りずに、自分で自立して生活できる方

入居時要介護⇒日常生活を営むために、スタッフのサポートが必要となる方

入居時自立・要介護⇒上記どちらであっても、入居が可能

 

必要医療行為は、その施設が取っている看護師体制と大きく連動します。医療行為や身体状況は多種多様な為、最終的には個別相談となりますが、その施設の看護師が日中常勤なのか24時間常勤なのかなどの体制を確認することで、自分の状況を受入れ可能か不可かを判断する目安となります。

 

近年の傾向

かつての老人ホームというと「高齢者が静かに暮らす場所」として認知されてきました。しかし、最近では「残された人生をよりイキイキと快適に暮らす場所」へと施設・利用者双方の意識が変化してきました。施設内ではカラオケや各種の趣味講座などのレクリエーションや季節のイベントなどが増えており、エンターテイメント性も格段に向上しています。

 

契約(権利)の形態

サービスや設備の内容が異なることと同様に、契約の形態も施設によって異なります。不要なトラブルを避けるためにも、入居前に施設の契約形態を理解し、疑問点は事前に解決しておくことが大切です。

 

以下の3つが一般的な契約形態です。

建物賃貸借方式 終身建物賃貸借方針 利用権方式
・賃貸住宅と同様に、月々の家賃をホームへと支払い ・賃貸住宅と同様に、月々の家賃をホームへと支払い ・入居一時金を支払い居住権と介護サービスを利用
・居住と介護サービスの契約は別途 ・居住と介護サービスの契約は別途 ・居住と介護サービスはパッケージになっている
・入居者が死亡しても、契約は終了しない ・入居者が死亡しても、契約は終了しない
全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ