居宅介護支援とは 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識 居宅介護支援

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識 居宅介護支援

居宅介護支援とは


居室介護支援(ケアマネジメント)とは?

 

要介護認定を受けた後、初めて介護保険サービスを受け始めるにあたって、どのサービスを選択すればいいのかを、本人・ご家族だけで決めるのは非常に難しいことです。そのために、介護保険サービスを利用する際には、「ケアプラン」と呼ばれるサービス計画書を専門家が作成し、その内容に従って必要な介護サービスが決定される仕組みとなっています。

 

<ケアプランはなんのため?>

在宅介護支援は、その名の通り利用者ができるだけ自宅で自立した生活を送れるように設けられた制度です。なるべく利用者のライフスタイルや考え方に沿う形で、自立をサポートすることをめざしています。

 

<作成するのは誰?>

ケアマネージャー(介護支援専門員)が責任をもって各個人に合わせたプランを作成します。ちなみに要支援認定を受けた利用者の場合は、ケアプランにあたる「介護予防サービス計画」を地域包括支援センターが作成します。

 

<どうやって作るの?>

① まず、ケアマネージャーが利用者宅を訪問し、身体状況や生活環境などを確認します。

② ケアマネージャーと本人・ご家族、そしてサービスを提供する事業者が話し合いを行います。その際には本人やご家族の要望や悩みなどもヒアリングし、自立生活の助けとなるサービスの内容を検討します。

③ ①、②の内容を踏まえてケアマネージャーが利用するべきサービスの内容やその回数を決定し、ケアプランが完成します。

 

ケアプランは1カ月単位での作成となります。また、ケアマネージャーを中心としたサービス担当者が集まって開催するサービス担当者会議(ケアカンファレンス)も定期的に開催し、常に最適なサービスを提供できるよう心掛けています。

介護サービスの内容や利用料などについて疑問があれば、ケアマネージャーに直接質問して、解決しておきましょう。

 

<費用の目安>

原則として、自己負担費用は一切発生しません。費用は介護保険制度からの全額給付となります。

 

<その他のサービス内容>

ケアマネージャーはケアプランの作成以外にも下記のような業務を担当し、利用者が過不足なくサービスを受けることができる環境を整えます。煩雑な手続きを利用者やご家族に代わって行ってくれる、心強い存在だといえるでしょう。

 

  • 行政窓口への要介護認定の支援や変更手続きの代行
  • 介護サービスを利用する上で必要な、関係機関や事業者との調整
  • 給付管理票の作成・提出を中心とした、介護保険の給付管理

 

全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ