RUN伴に参加しました!(at鹿児島)

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

0120-253-347

RUN伴に参加しました!(at鹿児島)

RUN伴に参加しました 鹿児島

イベント

鹿児島


2017年01月04日

認知症への理解を求めて行われるRUN伴(らんとも)。ウチシルベ鹿児島のお住まい相談員3人が参加しました。

亀山奈美恵
亀山奈美恵
鹿児島県の指宿市、薩摩川内市、日置市、谷山地区を担当。趣味はパズル。
山下香
山下香
姶良市、霧島市、吉野・吉田地区を担当。週4回趣味のダンスを楽しむ。
田中美奈
田中美奈
介護福祉士、ケアマネージャー、認知症ケア専門士の資格を保有。鹿児島市を担当。

RUN伴(らんとも)とは・・・?

NPO法人認知症フレンドシップクラブが企画しているもので「認知症になっても安心して暮らしていける町」を目指した取り組みで全国各地で毎年開催されています。認知症の方や家族、そして認知症の方を支える方々が参加しています。北は北海道から南は沖縄まで1つのタスキをつなぎながら全国を横断し、ゴールを目指します。認知症の方やその家族、そして周りで支えるサポーターのみなさんが想いをタスキでつないでいきます。今年は北海道を7月にスタート、日本の最南端の沖縄には11月に到着したそうです。およそ4か月かけての取り組みでした。

 

 

11月に鹿児島へ

11月19日、ウチシルベ鹿児島のお住まい相談員もイベントに参加しました。オレンジのオリジナルTシャツを着て、全国のサポータ―の思いがつまったタスキをかけ、一歩一歩歩いていきます。距離は、長寿あんしん相談センター吉野(包括支援センター)からおよそ600メートルでしたが、無事に伴走者にタスキをつなぐことができました。

137-1

 

最後には参加賞として、オリジナルクッキーをいただきました。

137-2

 

参加してみての感想

亀山
今回参加できて本当によかったです。このようなイベントに参加できる機会もなかなかないのでいい経験になりました。今後は、もっとこのような地域の方たちと交流できるようなイベントにも積極的に参加していきたいですね。また、お住まい相談員としては、認知症の方が自分らしい暮らしができるようにサポートをしていきたいと思います。

老人ホーム・高齢者向け住宅探しはおまかせください

プロに施設探しを相談する

 


お住まい相談員がピッタリの介護施設・老人ホームをご提案

0120-253-347

亀山 奈美恵
「ここに決めて良かった」と思ってもらえるように、ご本人に安心して生活していただけるように、いつも全力で考えています。 鹿児島県の指宿市、薩摩川内市、日置市、谷山地区を担当しています。
ウチシルベ