見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

0120-253-347

黒木 祐子さん(施設長・主任ケアマネージャー・介護福祉士)-HEART WAVE File.19

HEART WAVE19

HEART WAVE

福岡

ケアマネージャーやソーシャルワーカーなど介護・医療に携わる方にこれからの超高齢社会に望むことや自分の仕事に対する想いを語ってもらう紹介制インタビュー。


2018年05月14日

黒木 祐子さん
黒木 祐子
(施設長・主任ケアマネージャー・介護福祉士)
介護の仕事に携わって数十年。その前は医療事務の仕事をしていました。受付の仕事で出会った高齢の方々との関わりの中で、「高齢者と関わることが向いているかも」と感じ、介護保険制度が始まる前に、介護職として働くようになりました。
現在の職場は、“食べるが楽しいりんご庵”というキャッチフレーズがあるエフコープのデイサービスりんご庵も併設されています。エフコープらしく食事も手作りで「美味しい、楽しい!」と評判です。
 

 

介護の未来、仕事での使命について、黒木さんに聞いてみました。
黒木さんのアツ~い想いを、手書きメッセージで紹介!

あなたの使命はなんですか?

愛にあふれるプランニングが私の使命です
黒木さん:私は人が好きです。
ケアマネは責任のある仕事だと感じています。その人がその人らしい最期を迎えられるように……、その方が生きてきた証を伺い、愛情あふれるプランニングをしようと心がけています。
また、私たち主任ケアマネは後輩を育てていく立場にあります。後輩の育成にも力をいれていきたいです。

介護の未来をどうしたいですか?

黒木さん:介護の仕事は楽しんでできる仕事であり、人が好きではないとこの仕事はできないと思っています。介護職に就く人には人に興味をもってほしい、人が好きで介護職になってほしい、人が好きな人に介護業界で働いてほしい……。最近のニュースをみていて、いろいろと感じますが介護に携わる方々がしっかりと役目を果たせる社会になってほしい、そう思っています。

ウチシルベからの一言

なんと福岡マラソンに出場されたことがある黒木さん。現在も1週間に1度はランニングをされているそうです。小柄な体からは想像できないパワフルさをお持ちです。人が笑顔になることでエネルギーをもらい、人の役に立つことに魅力を感じるそうです。
現在、地域や事業者と連携して勉強会や交流会を開き、地域の中で顔の見える関係性作りができるよう取組みをされています。
人をどんどん惹きつけていく魅力ある黒木さん。今後もパワフルなご活躍を拝見するのが楽しみです。

 

白石 めぐみさん
(管理者・主任介護支援専門員・看護師)
おばあちゃん子だったので、「おばあちゃんのお世話をしたい!」と思って看護師を目指しました。看護師として働き、その後ケアマネの資格を取得しました。
 


お住まい相談員がピッタリの介護施設・老人ホームをご提案

0120-253-347

ウチシルベ編集部
ウチシルベ編集部です。お住まい相談員や高齢者向け住宅、介護にまつわる情報を発信していきます。
ウチシルベ