全国どこでも!相談拠点数業界No.1!

老人ホームの検索・紹介・入居相談なら【ウチシルベ】

  • 小さいサイズ
  • 大きいサイズ

ご相談から入居まで、お住まい相談員が
老人ホーム探しを無料でサポート

ご相談・お問い合わせはこちら

0120-253-347

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

高齢者に多い痒疹

記事公開日:2016/01/28、 最終更新日:2018/07/11


高齢者に多い痒疹

高齢者に多い痒疹

痒疹とは、痒みがあり掻きすぎてしまった結果、赤く湿疹となってしまった部分の事を言います。また、痒疹となってしまった場合、完全に治るには時間がかかり、専門医への受診も必要となります。

高齢者に多い痒疹とは、どのようなものかご紹介いたします。

 

①痒疹は全身にできる

痒疹は、皮膚と衣類などとの接触からできることもあり、全身のいたるところにできる可能性があります。また、もともとアトピー性皮膚炎などを持っている場合などは、アトピーの時期などにできやすくなり、皮膚科での専門的な治療が必要となることもあります。

さらに、汗をかきやすい場所として、腹部や膝の裏などは特にできやすい場所となります。そのため、汗をかいたらこまめに汗を拭きとり、保湿剤を使用することが重要となります。

 

②内服薬の副作用

痒疹は、内服薬の副作用で発症することもあり、高齢者など複数の薬を内服している人は注意が必要となります。また、内服薬の影響により全身に掻痒感を感じ、掻いてしまう事に伴い痒疹が悪化することも少なくありません。

そのため、初めて内服を始めた際などには、注意事項をよく読み掻痒感などを感じた時には、主治医に相談することをお勧めします。

>関連:なぜウチシルベは無料で老人ホームを探してくれるの?
 

③治療はステロイドを使用することもある

痒疹は、いわば痒みのあるイボであり、専門医による診察も重要なこととなります。一度出現し、痒みを我慢することにより、一時的に痒疹が消失することもあります。そのため、一時的な湿疹と思い、病院へ受診しない人も多いです。しかし、一時的に痒疹が消失したとしても、すぐに同じような症状が出現することも少なくなく、最初に痒疹が出た時点で受診することで、早期に解決することもできます。

そのため、身体に痒みを感じ、湿疹のようなものが出ているのであれば、早期に病院受診し治療を開始することをお勧めします。治療の内容としては、初期であればステロイド剤の塗布で済むこともあります。また、状況に応じて内服治療を併用して行い、痒疹の再発を防止していくことが重要となります。

施設を効率よく探すには?

湿疹や皮膚トラブル等に対応可能な老人ホームを探すならこちらから無料で相談可能です。
条件に合う老人ホームを探すのはとても大変です。老人ホームに詳しい専門家に聞けばスムーズに入居先を決めることができそうですね。

老人ホーム探しはおまかせください

プロに施設探しを相談する

お住まい相談員がピッタリの老人ホームをご提案

0120-253-347

ウチシルベ編集部
ウチシルベ編集部です。お住まい相談員や高齢者向け住宅、介護にまつわる情報を発信していきます。

拠点数No.1! 相談・見学すべて無料

0120-253-347
受付時間
09:00~18:00
(年中無休)
店舗数業界No1

老人ホーム探しは、わたしたちにおまかせください!

0120-253-34

相談無料

拠点数No.1

0120-253-34

相談無料

拠点数No.1