全国どこでも!相談拠点数業界No.1!

老人ホームの検索・紹介・入居相談なら【ウチシルベ】

  • 小さいサイズ
  • 大きいサイズ

ご相談から入居まで、お住まい相談員が
老人ホーム探しを無料でサポート

ご相談・お問い合わせはこちら

0120-253-347

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

降圧剤による副作用の症状

記事公開日:2016/05/14、 最終更新日:2019/03/14


降圧剤の副作用

血圧が高いと、血管の病気になる可能性が高くなり、脳梗塞や心筋梗塞などを発症する恐れがあります。そのため、血圧を安定値に下げるために、高血圧の患者に対しては、降圧剤を使用することが多いです。しかし、降圧剤を使用することによる副作用があり、副作用により死に至る事もあります。そのため、降圧剤を正しく使用し、血圧を安定に保つことが重要となります。

降圧剤の副作用や注意点について、ご紹介いたします。

 

降圧剤の副作用

突然の血圧低下により、体調不良が起こる

血圧が高めで経過していた人にとって、降圧剤を内服することにより血圧が低下すると、身体に不調をきたします。例えば、眩暈やふらつき、血が下がるような状態が起こるのも一つです。特に、高齢者などはその症状に気付くことができず、転倒してしまう事も少なくありません。

そのため、降圧剤を飲み始めた時は、自身の血圧に十分注意をすることが重要となります。また、降圧剤は朝飲むことが多く、飲む前の血圧を測定し内服するかしないかを判断することも重要となります。

>関連:なぜウチシルベは無料で老人ホームを探してくれるの?

血圧が下がらなければ、動脈硬化が悪化する

降圧剤には種類があり、その人に合うものと、合わないものがあります。そのため、降圧剤を内服しても血圧が下がらない場合には、主治医と相談を行い違う降圧剤の検討も必要となります。

また、血圧が高値で経過していると、動脈硬化を引き起こす可能性も高くなります。さらに、喫煙者や脂質異常者などにおいては、さらに動脈硬化を悪化させてしまう要因となります。そのため、自身の血圧を把握し、正常値になるよう薬を調整していくことも重要です。

 

安易に人の降圧剤は飲まない

4人に1人は高血圧と言われている今日において、知人が降圧剤を内服していることも少なくありません。そのため、血圧が高めという事で、他人の降圧剤を内服し血圧を一時的に下げようとする人もいます。

しかし、医師の診断の下降圧剤を内服しないと、逆に死に至ることもあります。そのため、なぜ血圧が高いのかという事を理解し、必ず医療機関に受診することが重要となります。

施設を効率よく探す方法は?

高血圧が心配な方のための老人ホーム探しをお手伝いしています。血圧や健康管理に気を使いたい方にぴったりの高齢者施設をプロがお探しします。こちらから無料で相談可能です。
食事制限が必要な方、糖尿病の方、服薬管理が必要な方もご相談下さい。

老人ホーム探しはおまかせください

プロに施設探しを相談する

お住まい相談員がピッタリの老人ホームをご提案

0120-253-347

ウチシルベ編集部
ウチシルベ編集部です。お住まい相談員や高齢者向け住宅、介護にまつわる情報を発信していきます。

拠点数No.1! 相談・見学すべて無料

0120-253-347
受付時間
09:00~18:00
(年中無休)
店舗数業界No1

老人ホーム探しは、わたしたちにおまかせください!

0120-253-34

相談無料

拠点数No.1

0120-253-34

相談無料

拠点数No.1