見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

0120-253-347

エリアから探す – 老人ホームの探し方

記事公開日:2019/02/05、 最終更新日:2019/02/06


エリア

老人ホームを探す基準は入居金や月額費用、介護体制など様々な基準がありますが、エリア(地域)で考えることも大切です。

入居してから、不便な場所とならないようにエリアを定めて考えましょう。ここでは、エリアの考え方についてご紹介していきます。

 

どんな条件があるのか

エリアについて考えるときどのような条件があるのでしょうか。立地、周辺環境などについてご紹介していきます。条件を知り希望のエリアで探せるようにしましょう。

 

交通の便

駅から近いところが便利なのはもちろんですが、バス停が近かいかどうかも条件に入るでしょう。地方であれば本数が少ないところもありますので、そういった面でも検討した方がいいです。

また家族がよく来るのであれば、車で来れる場所なのか、駐車場はあるのかなども検討事項になります。

 

都会か地方か

周りに様々な老人ホームがあれば生活するのには便利ですが、都会になればなるほど空気は良くありません。反対に地方になれば、生活するのは不便なところもありますが空気は良いというメリットもあります。

どちらかに決める必要はなく、中間の都市にするという手もありますが、どちらの方が重要なのかはある程度自分で決めておいた方が良いでしょう。

 

周辺環境について

周辺環境は非常に大切なことです。特に元気な方であれば日常的に出掛けることもありますので、出掛けやすい環境であることも確認しておきましょう。

坂道はあるのか、バリアフリーになっているのかなども大切になります。

中には町をあげてバリアフリーにしているところもありますので、そういったところであれば過ごしやすいと言えます。

 

優先する条件について

人それぞれ優先する条件は違いますが、ここでは優先すべき条件についてご紹介していきます。

 

坂道が少ないこと

場所によっては坂道が非常に多いところ、ほとんどの道が平坦なところがありますが、坂道が多いところは避けておいた方が良いといえます。坂道が多いと歩くことも大変ですし、シルバーカーや車いすなどを使用するのであれば移動に労力がかかります。

また、元気なうちでも坂道が多いと転倒をする可能性もありますので注意が必要です。

 

都会である必要はあるのか

地方よりも都会の方が買い物の場所も多く、娯楽施設もありますのでどうしても都会を優先しがちですが、もし介護状態になって一人で外出することが難しくなれば、都会の恩恵はほとんど受けることが出来ませんので注意が必要です。

最近ではネットショッピングも流行っていますので、買い物に困ることはあまりないでしょう。

 

地域から探す まとめ

エリアの条件は人によっては金額以上に大切になる可能性がありますし、エリアを考えず老人ホームを探してしまった場合、後悔してしまう場合もあります。

エリアで探す条件をあらかじめ決めておき老人ホーム探しをしておいた方が良いといえます。

老人ホーム探しはおまかせください

プロに施設探しを相談する

お住まい相談員がピッタリの老人ホームをご提案

0120-253-347

ウチシルベ編集部
ウチシルベ編集部です。お住まい相談員や高齢者向け住宅、介護にまつわる情報を発信していきます。
0120-253-347
ウチシルベ