見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

0120-253-347

分譲型ケア付きマンションでリタイア後の素敵な生活

記事公開日:2015/12/08、 最終更新日:2019/02/22


分譲型ケア付きマンション

分譲型ケア付きマンションでリタイア後の素敵な生活

分譲型ケア付きマンションとは、高齢者専用のマンションであり、介護サービスが必要になれば受けられるものであります。もちろん、分譲型なので物件を購入するということは言うまでもありません。賃貸と分譲は住居の選択の上でとても重要な要素です。また、介護サービスについては、各物件、事業者の考え方に応じてマンション付属のものから外部委託までさまざまです。

 

①分譲型ケア付きマンションの詳細内容について

分譲型ということから、気になる予算ですが、ピンからキリまでさまざまです。介護サービスにつきましては、マンション付属のものから外部委託まであります。医療施設と連携をしている物件もみられます。マンション付属の介護サービスでは決まった介護事業者が入っているため、外部の介護事業者のサービスを選択できないデメリットがあります。しかし、決まった事業者が入っていることからトータルで考えると煩わしい事務的なことや細かな心配事にすぐに相談できるといったメリットがあります。また、マンション内にはスポーツジムや大浴場、カルチャースクールなどの趣味・娯楽が充実している物件もあります。

 

②将来あなたは分譲?賃貸?

家事や仕事に一生懸命で自分の将来のことを考える時間がなくリタイアを迎えたあなた、将来の生活のセーフティネットをどのように考えますか?家族の介護支援を受けられるのか?今は夫婦で暮らしていますが、一人になった時どのように生活しますか?そこでケア付きマンションという選択肢が浮かびあがってきますが、マンションには分譲、賃貸とあり、サラリーマン時代にも悩んだ分譲、賃貸の比較選択があります。それぞれ、メリット、デメリットがあると思いますが、ご自身の生活スタイル、家族構成、時代の流れ、もちろんのこと収入と相談のうえ、選択してください。

>関連:なぜウチシルベは無料で老人ホームを探してくれるの?
 

③住み慣れた地域との距離はどうですか?

リタイア後の素敵な生活は、今後の医療・介護保険の変化にも注目しつつ、ご自身の資産・収入や身体状況、家族との距離などを考え、その中でご自身のしたいことができる環境づくりも重要になってきます。分譲型ケア付きマンションを購入される場合には、これまで暮らし続けてきた地域からの距離も重要になると思われます。マンション購入後に、暮らし続けてきた地域への郷愁が現れてきたとき、気軽に立ち寄れる距離に立地していることも考えておくべきではないでしょうか。

施設を効率よく探すには?

セカンドライフの住まいを分譲か賃貸かで迷っている場合にも高齢者住宅探しのプロに相談しましょう。こちらから無料で相談可能です。
分譲タイプや賃貸タイプそれぞれの違いをわかりやすく説明し、ぴったりのお住まいをご紹介します。

老人ホーム探しはおまかせください

プロに施設探しを相談する

お住まい相談員がピッタリの老人ホームをご提案

0120-253-347

ウチシルベ編集部
ウチシルベ編集部です。お住まい相談員や高齢者向け住宅、介護にまつわる情報を発信していきます。
ウチシルベ