食べ物が食べられなった時

高齢者の症状・健康

入院先でも老人ホームでも、口から物が食べられなくなってしまうことがあります。
飲み込むことができなくなる障害=嚥下障害は肺炎や窒息の要因となり、生命をおびやかす危険性が高いと言われています。
そのような状態になった時、どういった対処法があるでしょうか。

抹消点滴

手足から抹消静脈に針を入れて水分や薬を入れます。ただし、こちらは高カロリーの栄養は入らない為、長期間おこなう対処法ではありません。一時的に行います。

中心静脈栄養

抹消静脈よりも心臓に近い位置に点滴用のチューブを留置します。こちらは高カロリーの栄養が入り、体内に埋め込むタイプのものもあるため長期間の管理ができるようになりました。デメリットは合併症が起こりやすいので他の方法がないか、十分に検討した方がいいと言われています。

経鼻胃管

鼻から胃に管を入れてそこから栄養や水分を注入します。一時的に行われます。鼻から管を通すので、違和感がそれなりにあります。また不要になった時に管を抜きますが、その時はだいぶ苦しいです。

胃ろう(・腸ろう)

胃(腸)に手術で穴をつくります。消化管を通じて安全に栄養・水分を補給できるため長期間の管理に適しています。口から物が食べられるようになったら閉じることができます。ただし、手術があるというデメリットが大きく、近年では医療従事者からもこの胃ろうを造ることに関しては賛否両論あります。

口から物が食べられなくなる、これは大事です。
食事は歳を重ねても楽しみの1つに残るものだと思います。
なるべく、最期まで食べることを続けて欲しいと思いますが、身体の状態によっては上記のような対処を選択しなければならなくなります。
その時には、よく医師と相談し、メリット・デメリットを確認して頂きたいと思います。感染症を起こしやすかったり、手術が必要だったり・・・特にデメリットは必ず確認してください。
栄養剤で半固形のものが出てきているので、時間も以前より短縮できますので、対応可能な施設は増えています。まずは様々な角度から検討して、ご本人様にとって最善の方法を選んで頂ければと思います。

 
楽しそうに食事をしている老人のイラスト
先日のご相談では、義歯が合わなくなり、いつも通り食べることが出来なくなった頃から、認知症状やお身体の具合が悪くなったというお話がありました。
「食」って本当に大切なんですね。
こういった場合は歯科医に相談し、義歯調整をきちんと行うことで解消する場合が多いです。どうしても顎が痩せてきたりするので、義歯が合わなくなってきます。早めに歯科医に調整してもらうことをおススメします。

リハビリの種類とその内容

高齢者の症状・健康

近年、医療の進歩によって治る病気・怪我が増えてきました。課題があるのはそこから先です。どのようにして以前の生活に戻れるか、ということです。高齢者に多い脳梗塞や骨折。これらは発症後のリハビリがその後の生活を左右します。

リハビリ=リハビリテーションとは、生活機能の再建のことを言います。リハビリには3つの種類があります。まずは理学療法です。日常生活の中で必要な動作能力(立つ、座る、起きる、歩く等)の回復の為にトレーニングを行います。マシンを使ったり、マッサージも行います。次は、作業療法です。基本的な動きをふまえて、日常生活動作(食事、トイレ、入浴等)の練習を行います。最後は言語療法です。言葉によるコミュニケーションに問題がある場合に訓練を行います。また食べる、飲むといった行為の訓練も行います。

このようにその方の状態に合わせて医師の指示により専門職がリハビリを行います。ただし、病院等では最小限のリハビリで退院後もおこなう必要がある場合もあります。また、加齢による体力・筋力の衰えもあり、特に高齢者にとっては病気・怪我に関わらず必要になることが多くあります。

最近では施設によっては、マシンを導入したり、理学療法士がいたりとリハビリが充実しているところも多くあります。もちろん、設備も大切ですが私が介護をしてきた中で感じるのは、生活リハビリの大切さです。日常生活にリハビリを取り入れることです。何も難しいことはなく、日々の中で体を使うのです。例えば、トイレに行く時に全て介助をするのではなく、立位はご本人にして頂く、もしくは立位を介助してズボンの上げ下ろしをして頂くなど。ベッドから車いす、車いすからベッドへの移動する時も同じで、動作の一部分をご本人にして頂きます。リハビリ室で決められた時間だけ運動するよりも、よほど効果的でした。もちろん両方を行えばかなり短期間で機能向上ができます。

「できること」と「していること」この差が大きい方もいらっしゃいます。それは認知症をお持ちの方によくあります。気分のムラや感情が不安定な時、作業が長続きしないという特徴があるためです。この場合はご本人が興味を持たれていることを生活リハビリの中に組み込みます。そうすることで、少しずつ差がなくなっていくのです。

このように、リハビリと一言で言っても、その方法は色々あります。身体機能の向上は生活の向上といっても過言ではありません。その方に合ったリハビリをおこなえる環境が必要になります。

≫リハビリについてはこちらの記事もお読み下さい≪

自宅でできる認知症のリハビリ

作業療法士さんのお仕事

リハビリをしている老人のイラスト

家庭でできる「最新の介護食」セミナー in アライブ久が原➀

地域ネットワーク, 高齢者の症状・健康

本日は、大田区のアライブ久が原で開催された地域交流セミナーのレポートです。

近隣にお住まいの方や介護事業者向けに、地域の交流のために今回初めてのセミナー開催となったそうで、私は先日参加した大田区の高齢者みまもりネットワーク「みま~も」でこちらのセミナーを知り、参加させて頂きました。

最新の介護食

 

2部構成となっていて、内容も非常に充実しているセミナーでしたので2回に分けてレポートしたいと思います。

 

プロが教えるやわらか食の作り方

アライブ久が原では、高齢者の方が最後まで食事らしい食事を美味しく召し上がって頂けるように色々と工夫をして真剣に取り組んで来られたそうです。施設長は介護の職場に就いて16年間、入居者に提供する食事を自分でも頂きながら味と食感を日々研究してこられた経験のなかでも、お亡くなりになった日まで食事を「おいしい、おいしい」と食べて下さった入居者のことが忘れられないとおっしゃっていました。

アライブ久が原

 

やわらかハンバーグの作り方

アライブ久が原の厨房で栄養管理、調理を担当しているコスモプランという業者の管理栄養士さんと調理主任の方による実演でやわらかハンバーグを調理したものをその場で試食させて頂きました。

やわらかハンバーグの作り方

 

材料は一般的なハンバーグの材料に、木綿豆腐が入ります。ひき肉200gに対して木綿豆腐300g(4人分)なのでお豆腐の方が多いのですが、頂いたハンバーグには全然豆腐っぽさがなく、やわらか、なめらかでとても美味しかったです。

 

コツその➀

お豆腐はさっと一煮立ちさせたものを冷まして水分を軽く絞っておく。こうするとお豆腐の水分が出るのでお肉と混ぜた時に水っぽくならない。

コツその②

パン粉と卵をまず初めにボウルのなかで混ぜてなじませておく。その後でひき肉、豆腐、その他の材料を混ぜるとつながりが良くなってパサパサしない、しっとりなめらかな食感になる。

 

食材を柔らかくする調理方法

通常の調理にひと手間を加えるだけで食材を柔らかく調理することが出来るということで、お肉と野菜を試食させて頂きました。

食材を柔らかくする調理方法

ほうれん草:野菜をゆでる際、沸騰したお湯に少量重層(0.1g)を入れて茹でると通常より柔らかく仕上がります。繊維質がびっくりするくらいに柔らかくなっていました。

ブロッコリー:電子レンジを上手に使う。ビタミンBやビタミンCは水に溶けやすい性質があり、電子レンジを使用することで短時間で急速に加熱できるので栄養素を損ないにくくなります。この方法は一般的にも浸透していますね。私もお弁当を作るときにはよくやります。

ゴボウ・人参・レンコンなどの根菜類:圧力鍋を使う。火のかけ始めから15分くらいで柔らかく仕上がります。根菜類は香りが楽しみな食材ですが、高齢になって歯が悪くなると固くて食べにくくなります。これなら香りは損なわずに食感がかなり柔らかくなりますので、食べられる食材を減らすことなく食卓が豊かになると思いました。

鶏肉:ヨーグルトに40分漬け込んだものにカレーパウダーをまぜて焼いたものを試食させていただきました。牛乳成分に肉の繊維を分解する効果があるそうで、鶏肉特有の弾力が収まるので飲み込みやすくなります。他にも、すりおろした玉ねぎや大根、キウイ、梨、りんごなどの果物に含まれる酵素にも肉のたんぱく質を分解する働きがあります。また、コーラやビールなどで煮込むと柔らかく仕上がると聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、炭酸に含まれる炭酸水素ナトリウムが肉に含まれる余分なたんぱく質を灰汁として溶かすため、炭酸水に10分ほど漬け込むだけでも効果があるそうです。

 

調理しているところを見せて頂き、試食して新しい発見がたくさんありました。実際に自分の家庭で調理するのにも使える方法ばかりですし、実家で料理を頑張っている母親にも教えてあげたいと思いました。みなさんも是非お試しになってみてください。

熱中症とは

高齢者の症状・健康

気温35°からが猛暑日と言われるようですが、8月に入り毎日水分補給が欠かせない猛暑日が続いていますね。

高温多湿な環境下で、体内に水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調整機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、大量の発汗、吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になるとショック症状や脳障害などが起こります。

続きを読む

相談事例①老人ホームへの入所

相談実例, 高齢者の症状・健康

「自宅での介護はとても難しいので、老人ホームに入所させてあげたいんです。本当は娘の私が最後まで世話をするべきなのですが……。」

上のようにお話して下さったのは93歳のお母様の介護をされていた70歳の娘さんです。

数年前からご自宅で介護をしていましたが、お母様が転倒され数か月前から入院していました。

入院中はベッドでの生活が主になり、筋力が弱り歩くことが困難に。介護はより難しくなりましたが、退院日は迫っている状況でした。

続きを読む