介護保険申請フロー 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

介護保険申請フロー


介護保険のしくみ

厚生労働省の図

sikumi_02

出典:厚生労働省「介護保険制度の仕組み

 

介護保険制度は、2000年(平成12)年4月にスタートした制度です。厚生労働省の指導のもと、各市区町村が制度の運営を担っています。ただ、日本はこれから高齢化社会がいま以上に深刻化し、保険制度の内容そのものが変化することが予想されています。現在の情報はもちろん、将来に備えて、制度や法律の内容を適宜確認しておきます。

 

<保険料を支払うのは>

40歳以上の方が被保険者となり、決められた介護保険料を毎月支払います。

 

<介護保険サービスを利用できるのは>

① 65歳以上で、要介護・要支援状態にある方(第1号被保険者)

② 40~64歳までの医療保険加入者で特定疾病に起因する要介護・要支援状態にある方(第2号被保険者)

 

<他の社会保障制度との違いは>

年金制度や医療制度が現金で給付されるのに対し、介護保険は「サービス」が給付される現物支給となっています。

 

介護保険申請までの流れ

 

介護保険サービスを受けるためには、事前に要介護・要支援の認定を受ける必要があります。申請からサービス受給までのおおよその流れは以下の通りです。

 

①窓口へ申請

お住まいの市町村の窓口で要介護・要支援の認定を申請します

②一次判定

市町村の職員などが担当する認定調査員の訪問を受けます。調査員は聞き取り調査を行い、74項目の調査票に記入します。調査書と、心身の状況に関するかかりつけ医の意見書に基づいて、コンピュータが一次判定をおこないます。

③二次判定&要介護度の決定

各市町村の介護認定委員会が、一次判定の結果と医師の意見書をもとにさらに審査をおこないます。結果は原則として30日以内に本人へと通知されます。結果は、「要介護度1~5」「要支援度1~2」あるいは「非該当」の大きく3つに分かれます。認定結果の有効期限は最初の更新時は6か月、更新時は12か月となっており、その後は適宜認定を受けることで現在の身体状況に合った認定を取得していきます。もし判定の結果に不満や疑問がある場合は、介護保険審査会へ不服申し立てをすることもできます。

④ケアプラン/介護予防サービス計画の設定

認定を受けた後は、利用する介護サービスを具体的に決定する段階を迎えます。要介護1~5の認定を受けた場合はケアマネージャーがケアプランを作成します。同じく、要支援1~2の認定を受けた場合は、地域包括支援センターの保健師などが介護予防サービス計画を作成します。プラン作成にいっさい費用はかかりません。

⑤介護保険サービスがスタート

ケアプランや介護予防サービスに従って、それぞれの方に適した介護サービスが提供されます。

全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ