全国どこでも!相談拠点数業界No.1!

老人ホームの検索・紹介・入居相談なら【ウチシルベ】

  • 小さいサイズ
  • 大きいサイズ

ご相談から入居まで、お住まい相談員が
老人ホーム探しを無料でサポート

ご相談・お問い合わせはこちら

0120-253-347

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

介護離職-介護コラム

介護の業界の問題の1つとして挙げられるのが介護離職です。介護を理由に会社を辞める人をいい、高齢社会が進むにつれて介護離職も増加していくといわれています。原因は、仕事と介護の両立が難しいという理由が大部分を占めています。介護離職をすることで、本人への介護の負担や仕事をしないで介護に専念することから収入が減少することになるのはもちろんですが、社会的には労働力の低下も考えられます。また、介護離職をし、介護を終えたとしても社会復帰をする際、年齢的に再就職が見つからないという問題があります。政府としては、介護離職ゼロに向けた取り組みを行っていて、社会人でも要介護状態の家族が存在すれば「介護休業制度」を利用することができます。介護は家族だけでサポートするは難しい場合もあるので、職場や地域住民に協力を得ることで離職率の抑制も期待できます。

介護離職後に再就職できる?
2018年12月14日

介護離職後に再就職できる?

日本では少子高齢化の進展により介護に関する様々な問題があります。さらに、日本では寿命も延びているため介護が長期化する傾向にあります。   そんな現状の中で、介護を理由に仕事を退職する人が増えており、その数は年間 …..

介護で体を壊さない為にはボディメカニクスが大切
2016年06月07日

介護で体を壊さない為にはボディメカニクスが大切

介護で体を壊さない為にはボディメカニクスが大切 介護職は非常に重労働の仕事ですので、腰痛などで体を壊してしまうヘルニアになってしまうということがあります。そうならないためには、きちんと体に負担のかからないような体の使い方 …..

同居介護は危険が多い
2016年06月02日

同居介護は危険が多い

同居介護は危険が多い 親の介護をするために子供が同居したなどという話は、親思いの子供で非常に良い話だと思いますが、実際危険が多いのも事実です。同居した場合にはどのようなリスクがあるのでしょうか。   ①介護をし …..

社会問題化しているケアハラスメント
2016年05月25日

老人ホームにおけるハラスメントが大きな問題に

社会問題化しているケアハラスメント セクハラ、パワハラなどのハラスメントは社会的にも認知されていますが、最近はケアハラスメント・介護ハラスメントと呼ばれるハラスメントが社会問題化しています。ケアハラスメントは特にケアハラ …..

介護休業給付制度を徹底解説
2016年05月08日

介護休業給付金を受け取るには?介護休業給付制度を徹底解説

介護休業給付制度を徹底解説 日本でも、仕事と介護を両立できるよう介護休業制度が整ってきました。しかし、介護休業を取得した間の給与は、介護休業法では保障されていません。 要介護状態の対象家族を介護するために介護休業を取得し …..

仕事をしながらでも介護はできる
2015年12月24日

仕事をしながらでも介護はできる

仕事をしながらでも介護はできる   年金制度が改正され、退職後にも生活のために働く労働者が多くなりました。しかし、労働者の抱える問題は生活のためだけではありません。 親に介護が必要になったとき、一時的とはいえそ …..

20代で親の介護を担うヤングケアラー
2015年12月07日

20代で親を介護するヤングケアラー

20代で親の介護を担うヤングケアラー いま、親や祖父母の介護を行っている若い世代が増加しています。病気や事故などで重い障害を持った親や、家計を担うため仕事で多忙な親に代わって祖父母の介護を担っている若者を、ヤングケアラー …..

介護保健請求ソフトを使って業務を効率化
2015年09月09日

介護保健請求ソフトを使って業務を効率化

介護保健請求ソフトを使って業務を効率化   近年、介護業界の人手不足が深刻になっています。介護労働安定センターの調べでは、人材の不足感を持つ事業所は半数を超えているとの報告もあります。介護事務の現場も例外ではあ …..

在宅介護とは
2015年06月12日

在宅介護サービスについて

在宅介護の困難さとは 俳優の高知東生さんが妻である高島礼子さんの父親の介護のため今年で芸能界を引退することを決意したそうです。   高島礼子さんの父親は2004年にパーキンソン病を発症し、夫婦は10年にわたって …..

0120-253-347
店舗数業界No1

老人ホーム探しは、わたしたちにおまかせください!

0120-253-34

相談無料

拠点数No.1

0120-253-34

相談無料

拠点数No.1