見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

0120-253-347

高齢者が食欲不振になる原因とは

記事公開日:2016/05/29、 最終更新日:2018/06/30


高齢者が食欲不振になる原因とは

高齢者の食欲不振になる原因とは

高齢者では成人と比べて食事量が少なくなるのが一般的ですが、高齢者の中にはある日突然食欲不振になったり、徐々に食べれなくなってしまって食欲不振になることがあります。

高齢者の食欲不振になってしまう原因とは、どのようなものがあるのでしょうか?

①病的なことが原因での食欲不振

身体的に病気や障害があって食欲不振になる人は非常に多いです。

内臓系であれば、胃潰瘍や食道炎、口内炎などの炎症がみられると食事を食べることがしんどくなってしまって食欲不振になります。

身体系の疾患であれば、麻痺や筋力低下によって食事を食べること自体に疲労があり、食欲不振になってしまいます。

内臓系であれば病院受診などをする必要がありますし、身体系であればリハビリなどによって改善する傾向にあります。

 

②精神的な落ち込みによって食べれなくなる

高齢者で最も多いのはこの部分です。高齢者になると様々な喪失体験をします。

家族が亡くなったり、引っ越しをしたり、施設に入所をしたり様々な場面で現在持っているもの、関係しているものが無くなります。

また、身体機能についても同様です。歩けていたのが歩けなくなってしまった、昨年よりも昨日よりもできることが少なくなってしまった、などの身体機能の喪失体験をすることがあります。

そういったことを経験してしまうと、生きる気力がなくなってしまい、食欲も一気に落ちることがありますので注意しましょう。

 
>関連:なぜウチシルベは無料で老人ホームを探してくれるの?
 

③認知機能が低下している

認知機能が低下しただけも食欲不振になることがあります。特に初期の段階でこのようなことがみられる傾向にあります。

アルツハイマーなどの脳が委縮してしまう場合では、食欲の部分や、味覚の部分が委縮してしまって、いつもお腹ががいっぱい、何を食べても同じ味だということも少なくありません。

そのため、いつも食べていただけの量が食べられなくなって体重が減少してしまったり、何を食べてもおいしく感じられないので、食欲が低下することがあります。

食事が美味しい施設を効率よく探す方法は?

高齢者にとって美味しい食事は生活に潤いを与え、生きる活力につながります。食事に力を入れている老人ホームや高齢者住宅をお探しの方はこちらから無料で相談可能です。
地域の施設をお住まい相談員がピックアップしてご提案します。気になる施設が見つかったら一緒に見学に行くことも可能です。施設の食事を試食することも可能です。ご希望があればなんでもお住まい相談員にご相談下さい。

老人ホーム探しはおまかせください

プロに施設探しを相談する

お住まい相談員がピッタリの老人ホームをご提案

0120-253-347

ウチシルベ編集部
ウチシルベ編集部です。お住まい相談員や高齢者向け住宅、介護にまつわる情報を発信していきます。
0120-253-347
ウチシルベ