全国どこでも!相談拠点数業界No.1!

老人ホームの検索・紹介・入居相談なら【ウチシルベ】

  • 小さいサイズ
  • 大きいサイズ

ご相談から入居まで、お住まい相談員が
老人ホーム探しを無料でサポート

ご相談・お問い合わせはこちら

0120-253-347

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

居宅サービス計画は在宅介護には必要

記事公開日:2016/02/15、 最終更新日:2018/07/11


居宅サービス計画は在宅介護には必要

居宅サービス計画は在宅介護には必要

居宅サービス計画というのは、ケアマネージャーが作る(本人でも作ることができます)在宅での介護の計画書になります。

在宅で介護保険を使っている方には基本的に作られるものです。

居宅サービス計画を作る意味や、作り方についてご紹介していきます。

 

①居宅サービス計画はどんなサービスを使っているのか一目で分る

居宅サービス計画には、どういった理由で介護を必要としているのかを記載します。例えば足が弱くなってきているのでリハビリサービスを使う、看護が必要なので訪問介護を使うなどの理由付けを行います。

また、どこの事業所のサービスを週に何回使うのかなどの頻度も明記する部分がありますので、居宅サービス計画を見るだけで、どんなサービスを使っているのか把握することができます。
>関連:なぜウチシルベは無料で老人ホームを探してくれるの?
 

②目標を設定する

介護保険はあくまでも自立に向けたサービスですので、今よりも自立できる目標というものを立てないといけません。目標は高齢者とケアマネージャーと一緒に決めていきますので、自分がなりたい姿、したいことなどを目標に設定してもらうようにしましょう。

目標は短期目標と長期目標があります。

 

③居宅サービス計画を作るために必要なこと

居宅サービス計画を作るためには、まずケアマネージャーに現在困っていることなどを伝えることが大切になります。何に困っている、何が出来ていないのかをしっかりと伝えるようにしましょう。

居宅サービス計画を作る前には、まずアセスメントという作業があります。アセスメントではその高齢者の生活状態などをケアマネージャーが聞き取って、実際に何に困っているのかを把握します。

もし自分で自分のことが伝えにくい場合は、家族などに同席してもらうなどをして確実に伝えるようにしましょう。

また、主治医の意見というものも居宅サービス計画を作る際に非常に重要なことになりますので自分の主治医にも困っていることなどを日ごろから伝えておくことが大切になります。

施設を効率よく探すには?

高齢者のための住まい探しが必要になったらこちらから無料でご相談下さい。
見守りや必要に応じたケアを提供してくれる老人ホームや高齢者住宅をご紹介しています。地域の施設に詳しいプロに相談できるから安心です。

老人ホーム探しはおまかせください

プロに施設探しを相談する

お住まい相談員がピッタリの老人ホームをご提案

0120-253-347

ウチシルベ編集部
ウチシルベ編集部です。お住まい相談員や高齢者向け住宅、介護にまつわる情報を発信していきます。

拠点数No.1! 相談・見学すべて無料

0120-253-347
受付時間
09:00~18:00
(年中無休)
店舗数業界No1

老人ホーム探しは、わたしたちにおまかせください!

0120-253-34

相談無料

拠点数No.1

0120-253-34

相談無料

拠点数No.1