痴呆症とは 介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

無料相談
0120-253-347 0120-253-347

介護・高齢者住宅・老人ホームの基礎知識

痴呆症とは


痴呆症からの名称変更

近年、耳にする回数が極端に減った言葉のひとつが「痴呆症」です。現在はほぼすべての分野において、「認知症」への言い換えが進んでいます。2004年に厚生労働省の用語検討委員会によって言い換えを求める報告がまとめられ、もっとも使用頻度が高いと思われる行政や高齢者介護分野から随時名称の変更が進められていきました。

 

名称変更に至った背景には、痴呆という言葉に差別的なニュアンスが含まれていることが挙げられます。現在でも、「痴呆」あるいは「ボケ」といった表現は意味合いが通じるものではありますが、不快を感じられる方もいるので、一般的には使用しない方が無難な用語となっています。

 

また、痴呆症から認知症への言い換えは進められたものの、言葉が示す内容そのものは従来と同様です。

全国のサービス付き高齢者向け住宅、
老人ホーム、介護施設を探す
ウチシルベ