【相談実例】後悔だらけの施設紹介

入居相談実例

こんにちは。ウチシルベ山形の樋口です。

今回は、私が相談員になりたての時に頂いた相談の実例を紹介します。

私にとって『後悔だらけ』の施設紹介になってしまったケースです。

20181127-2

20181127-1

現在入院中で

「〇〇市内で予算は10万円前後で施設を紹介して欲しい」

とのご相談でした。

キーパーソンは旦那様。

夜仕事で日中寝ているので直接連絡を取りにくいとのこと。

 

今の私なら、それでも家族の連絡先を伺い電話してみるのですがその時はAさんからのご相談も初めてでしつこく家族の連絡先を聞くとダメかしら…と

「包括のAさんに施設を紹介しますね」

と何も聞かず電話を切ってしまいました。

 

早速、希望エリア・予算に合っている施設を探し、空き状況を調べAさんに報告しました。

5施設をご紹介しました。

 

後日、包括のAさんから連絡があり、私が紹介した施設ではなく、別の施設への入居が決まったとのことでした。

入居した施設は〇〇市内でしたが月額費用はなんと15万円以上のところでした。

 

**************************

このケースで、私が後悔したのは以下の点です。

20181127-3

施設を紹介していてつくづく感じるのは、もちろん最初は、施設はエリアや予算等の条件面から探し始めますが

最終的に施設を選ぶ際は「条件」以上に影響を及ぼすポイントがある!

ということです。

 

・施設のスタッフさんの温かい言葉や力強い言葉

・施設に入居されている方の雰囲気や年齢層

・レクレーションの充実(入居後の楽しみ)

・医療連携

・看取りの有無…

など、施設を見学する前は考えていなかった項目が

見学することで追加されます。

 

ですのでこのケース以降

*どんなに急ぎでも施設を紹介する前に、ご本人やご家族から話をじっくり聴く

*入居後の生活がイメージできるように施設を紹介する

*要望を聞くだけでなく、こちらから提案もする

*見学に同行し、見学前と後の施設選びのポイントの変化に気づく

ようにしています!

 

この苦~い経験を活かして、ウチシルベを信頼してご相談くださる方・施設探しでお困りの方のお役に立つために日々精進!!

【相談実例】孤独な施設探し

入居相談実例

こんにちは!ウチシルベ山形の樋口です。

ウチシルベ山形の相談実例を紹介します。

【相談実例】孤独な施設探し01

【相談実例】孤独な施設探し02

B様はもうすでに、山形市~米沢市の介護付有料老人ホームへほとんど連絡済みでした。

 

どうして介護付有料老人ホームが良いのか?

グループホームや住宅型有料老人ホームという選択肢は?

を含めて、B様のご要望やお考え・A様の生活の様子や性格などを詳しくお聞きしました。

初めてのお電話で、1時間以上話し込んでしまいました!

その上で施設をご紹介しました。

 

B様は、「母の今後の生活について誰にも相談できなくて困っていた。こんなに色々聞いてもらって本当にありがたい。インターネットには載っていないこともあるんだね」と言ってくださいました!

 

その後、B様に施設を見学していただき、入居へ!

 

私達相談員が出来る事は、ご家族のご希望や心配事にしっかり耳を傾けて

施設のご紹介・ご案内をすることだと改めて実感したケースでした。

【施設紹介】スマイルコート清住

施設紹介

こんにちは!ウチシルベ山形の樋口です。

 

今回は「介護付き有料老人ホーム スマイルコート清住」をご紹介します。

 

【施設紹介】スマイルコート清住01

 

山形徳洲会病院に隣接する安心の介護施設です。

健康寿命を延ばす暮らしをお届け!!

スマイルコート清住の最大の特徴は隣接する山形徳洲会病院との医療連携による定期受診、緊急時におけるスピーディーな対応です。

入居者様やご家族からは「安心」との声が多いそうです。

【施設紹介】スマイルコート清住02 【施設紹介】スマイルコート清住03

 

また、天然温泉を使った大浴場は、体が温まると大好評!

もちろん機械式の特別入浴も完備しています。

【施設紹介】スマイルコート清住04

 

フィットネス施設「ラ・ヴィータ」が隣接しているため入居者様も通いやすく、健康維持・体力維持に一役買っています♪

(メディカルフィットネス+スパ ラ・ヴィータ http://www.mf-lavita.jp/)

 

≪施設長から一言≫

おかげさまで、開設して7年。

地域の皆様からは一定の評価をいただいていると考えておりますが、今後とも

◎生活能力の維持向上のため、食事・入浴等の生活支援

◎機能訓練・各種活動による心身機能の維持・増進

を通じて、入居者様が末永く「健康」で「主体的な生活が送れる」ための支援をさせていただきます!!

【振り返り】10月のウチシルベ山形へのご相談

ウチシルベ山形について

こんにちは!ウチシルベ山形の樋口です。

早いものでもう11月!!

寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか?

 

10月はご相談件数が70件(過去最高のご相談件数)でした!

【振り返り】10月のウチシルベ山形へのご相談01

ご相談件数が増えることは、地域の皆さまにウチシルベ山形を

『認知していただいている』

『少しでもお役に立っている』

『必要としてくださる方がいらっしゃる』

からではないかと。

嬉しい限りです!!

 

 

ウチシルベ山形をどのようにして知ったのか?は

①     居宅のケアマネージャーさんからの紹介

②     病院のソーシャルワーカーさんからの紹介

③     包括支援センターさんからの紹介

④     入居している、有料老人ホームの方からの紹介

⑤     市役所からの紹介

⑥     その他・・・WEBでウチシルベを見つけて、知人から聞いて‥

 

【振り返り】10月のウチシルベ山形へのご相談02

山形は、冬期間だけ施設への入居を検討される方もいるため

毎年10月以降は施設を探す方が多くなり、ウチシルベ山形への相談も多くなります。

今年は例年以上にホームの空きが少ない状況です。

いつもは老人ホーム探しでお困りでないケアマネージャーさんやソーシャルワーカーさんも

今年は空きがなくご苦労されているのではないでしょうか。

 

ウチシルベ山形は、日々たくさんのご相談をいただきケアマネージャーさん、ソーシャルワーカーさん皆様とご家族としっかり連携しながら

ご本人にとって住み心地の良いお住まいをお探ししております。

老人ホーム・高齢者住宅探しの際は、お気軽にウチシルベ山形にお問合せくださいませ。

【振り返り】10月のウチシルベ山形へのご相談03