見る、聞く、行く。
入居までお住まい相談員といっしょ。

0120-253-347

体力低下を防ぐためにはどうしたら?

2017年12月12日

体力とは

疲れやすく体が重たく感じる、階段の上り下りで息切れがする、すぐに体調をこわしてしまうなどの症状がある人は体力低下の可能性があります。
体力というのは生活していくために必要な身体能力のことであり、動くために必要な筋力や持久力などの行動体力と、病気に対する免疫力や体温調節などの防衛体力に分けることが出来ます。長く健康でいるためには体力を維持していくことが重要です。体力低下を防ぐ生活習慣について紹介します。

行動体力維持の基本は良く動くこと

筋肉は年齢を重ねても日常的に運動を行なうことで維持することができ、筋トレによって強化することも可能です。実際にスポーツや山登りなどを趣味としているアクティブな高齢者は増えています。
運動といってもきつい運動を行なう必要はありません。高齢者におすすめなのはゆったりとした有酸素運動です。近所を散歩したり、家事を行なうことでも十分な運動になります。さらにショッピングに歩いて出かけるなど、外出する機会を増やすことでも運動効果が期待できます。
平日にフィットネスジムをのぞいてみると利用者の多くは年配者です。近隣にあるという人は一度見学してみてはいかがでしょうか。
>関連:なぜウチシルベは無料で老人ホームを探してくれるの?
 

食事はやっぱり大事

摂取する栄養が不足すると体は低栄養となって体力は低下します。せっかく運動を行なったとしても、エネルギーとなる栄養が足りなければ逆に体調をくずす原因となってしまいます。食事で気をつけるポイントとしては

1.バランスの取れた食事を規則正しく3食とる
2.緑黄色野菜や根菜などたくさんの種類の野菜を食べる
3.肉と魚をバランスよく取る
4.果物を適量とる

などがあげられます。食欲がないときはお酢や香辛料などで食欲を刺激したり、おかずを先に食べてご飯を残すようにすることで栄養不足を防ぐことが出来ます。

大事なのは無理なく楽しく継続すること

体力維持で重要なのは無理なく楽しく行なうことができ、習慣として継続することが出来ることです。
いまの生活習慣をベースに、ひとつづつ健康によい習慣を加えていくようにすると習慣化しやすいでしょう。

高齢者施設探しはおまかせください

プロに施設探しを相談する

お住まい相談員がピッタリの介護施設・老人ホームをご提案

0120-253-347

ウチシルベ編集部
ウチシルベ編集部です。お住まい相談員や高齢者向け住宅、介護にまつわる情報を発信していきます。
ウチシルベ