全国どこでも!相談拠点数業界No.1!

老人ホームの検索・紹介・入居相談なら【ウチシルベ】

  • 小さいサイズ
  • 大きいサイズ

ご相談から入居まで、お住まい相談員が
老人ホーム探しを無料でサポート

ご相談・お問い合わせはこちら

0120-253-347

受付時間 9:00~18:00(年中無休)

介護コラム

高齢者の歩行訓練は歩くだけではない
2016年06月04日

高齢者の歩行訓練は歩くだけではない

高齢者の歩行訓練は歩くだけではない 高齢者は徐々に足が弱くなっていく人が多いですので、日々歩行訓練をすることを勧められています。また、現在歩きにくくなっている方、車いすから歩行を目指している方もいます。 そういった方々に …..

部分浴がもたらす効果とは
2016年06月04日

部分浴がもたらす効果とは

部分浴がもたらす効果とは お風呂に入ると体には様々な良い効果が生まれてきますが、高齢者の場合は毎日お風呂に入ることが難しかったり、施設であれば週に2回ほどの入浴になることもあります。 そんなときは部分浴がお勧めであり、部 …..

福祉車両を購入する際のポイント
2016年06月04日

福祉車両を購入する際のポイント

福祉車両とは 福祉車両とは、身体障害者や高齢者を乗せやすいように工夫されている車です。四肢欠損や視覚障害者用に運転席を改造したものを福祉改造車両と言い、助手席や後部座席に身体障害者や高齢者を乗せやすく改造したものを福祉車 …..

遺伝をするハンチントン病
2016年06月04日

遺伝をするハンチントン病

遺伝をするハンチントン病 ハンチントン病は難病指定されている病気です。 若くから発症する病気であり、常染色体優性遺伝の病気でもあります。   ①親がハンチントン病の場合は遺伝する確率が非常に高い ハンチントン病 …..

ハンセン病はどんな病気?
2016年06月04日

ハンセン病はどんな病気?

ハンセン病は差別に繋がる病気だった ハンセン病は昔は非常に恐れられた病気であり、ハンセン病患者は一種の差別を受けていたほどです。 しかし、現在ではハンセン病は治療が可能な病気です。ハンセン病とは具体的にどのような病気なの …..

バイスティクの7原則は対人援助に必要
2016年06月03日

バイスティクの7原則は対人援助に必要

バイスティクの7原則は対人援助に必要 バイスティックの7原則とはアメリカで社会福祉学者として活躍していた、バイスティックさんが提唱した対人援助の原則です。 福祉業界で働いている人であれば一度は目にしたことがあるのではない …..

いつまでも住み慣れた所で生活できる認知症地域医療支援事業
2016年06月03日

いつまでも住み慣れた所で生活できる認知症地域医療支援事業

いつまでも住み慣れた所で生活できる認知症地域医療支援事業 認知症になってしまいますと、自分での生活ができなくなってしまい、最終的には施設で過ごさないといけないことが多いです。 しかし、住み慣れたところから離れるということ …..

認知症患者には最適、認知症短期集中リハビリテーション
2016年06月03日

認知症患者には最適、認知症短期集中リハビリテーション

認知症患者には最適、認知症短期集中リハビリテーション 認知症短期集中リハビリテーションはその名の通り短期間集中して認知症のリハビリを行うということです。これには一定の効果があるとされており、認知症の治療には非常に有効な方 …..

認知症サポート医は地域の高齢者にとって心強い存在
2016年06月03日

認知症サポート医は地域の高齢者にとって心強い存在

認知症サポート医は地域の高齢者にとって心強い存在 認知症サポート医は認知症地域医療支援事業を行う上で非常に重要な役割を担います。認知症サポート医の役割はどのようなものがあるのでしょうか。   ①認知症サポート医 …..

入院時のリハビリテーションの流れ
2016年06月03日

入院時のリハビリテーションの流れ

入院時のリハビリテーションの流れ 高齢者で骨折や脳梗塞などで入院をして、リハビリをする際はどのような流れで実施されていくのでしょうか。 リハビリの流れ、退院までの流れについてご紹介していきます。   ①リハビリ …..

介護になる可能性が高い二次予防事業対象者
2016年06月02日

介護になる可能性が高い二次予防事業対象者

介護になる可能性が高い二次予防事業対象者 二次予防事業対象者は要介護状態、要支援状態になる恐れが高い高齢者に対しての事業であり、地域支援事業の一部として実施されています。   ①二次予防事業の目的 二次予防事業 …..

糖尿病で最も恐ろしいのは合併症
2016年06月02日

糖尿病で最も恐ろしいのは合併症

糖尿病で最も恐ろしいのは合併症 糖尿病患者は非常に多く、国民病になりつつあります。実は糖尿病はそれ自体怖い病気ではありませんが、糖尿病によって起きる病気が非常に怖いのです。糖尿病の合併症は一体どのようなものがあるのでしょ …..

高齢者にお勧めの運動、アイソメトリック運動
2016年06月02日

高齢者にお勧めの運動、アイソメトリック運動

高齢者にお勧めの運動、アイソメトリック運動 アイソメトリック運動はあまり聞きなれない言葉ですが、高齢者にとって非常に取り掛かりやすい運動です。効果も十分あります。   ①誰にでもできる静的な運動 通常運動といい …..

同居介護は危険が多い
2016年06月02日

同居介護は危険が多い

同居介護は危険が多い 親の介護をするために子供が同居したなどという話は、親思いの子供で非常に良い話だと思いますが、実際危険が多いのも事実です。同居した場合にはどのようなリスクがあるのでしょうか。   ①介護をし …..

高齢者の風邪予防は大切です
2016年06月02日

高齢者の風邪予防は大切です

高齢者の風邪予防は大切です 高齢者は私たちと違って基礎的な体力が非常に少ないです。特に寝たきりなどの高齢者の場合は風邪を引いたのが原因で、肺炎になってしまって最悪の場合死に至ることがありますので十分注意する必要があります …..

介護をする上でのチームアプローチの大切さ
2016年06月01日

介護をする上でのチームアプローチの大切さ

介護をする上でのチームアプローチの大切さ 介護は一人でできるものではありません、介護士として働くのであればチームで高齢者に対してアプローチをしていかなければなりません。 介護のチームアプローチの必要性、実施方法についてご …..

遅発性統合失調症は発症年齢が遅い
2016年06月01日

遅発性統合失調症は発症年齢が遅い

遅発性統合失調症は発症年齢が遅い 統合失調症は精神病であり、症状としては幻覚が主な症状になります。 遅発性統合失調症は統合失調症の中でも発症年齢が非常に遅い症状だとされています。 発症年齢や対策などについてご紹介します。 …..

寝たきりの高齢者では多臓器不全になる可能性が高い
2016年06月01日

寝たきりの高齢者では多臓器不全になる可能性が高い

寝たきりの高齢者では多臓器不全になる可能性が高い 多臓器不全とは2種類以上の臓器が異常を起こしてしまい、それが不全(働かなくなる)病気です。多臓器不全は死に至る病気ですが、どのようなことが原因で起きてしまう病気なのでしょ …..

多系統萎縮症の方を介護する際の注意点
2016年06月01日

多系統萎縮症の方を介護する際の注意点

多系統萎縮症の方を介護する際の注意点 多系統萎縮症は脳の病気であり、症状としては運動機能障害です。50代以降になりやすい病気とされており、高齢者でもこの病気にかかっている人は非常に多いです。 また、多系統萎縮症は介護保険 …..

地域の高齢者を守る宅老所
2016年06月01日

地域の高齢者を守る宅老所

地域の高齢者を守る宅老所 宅老所とは高齢者が利用する寄合所です。 現在宅老所と明記しているところは非常に少なく、活き活きセンター、高齢者寄合所などといったように土地や場所によって名称が変わってきます。 宅老所は地域の高齢 …..

拠点数No.1! 相談・見学すべて無料

0120-253-347
受付時間
09:00~18:00
(年中無休)
店舗数業界No1

老人ホーム探しは、わたしたちにおまかせください!

0120-253-34

相談無料

拠点数No.1

0120-253-34

相談無料

拠点数No.1