帰宅願望が強い方の老人ホームへの入居前面談

お住まい相談員の日々

認知症が少しある方の場合、入院していると心配事があるとそのことがずーっと気になってしまいます。

84歳のAさんもそうでした。

一緒に暮らす次女さんが介護に疲れ果て、周りの勧めでAさんは社会的入院をしました。

Aさんはお薬と自宅のことが気になって、10分置きくらいに長男さん、長女さんにも電話をして確認していました。

(Aさんの電話の回数が多く、お二人も疲弊してしまい、「充電しましょう」と夜は病院が電源を切ってくれるようになりました。)

数年前にデイサービスの見学をしたAさんですが、「あんなところに行きたくない」と拒否をされました。

あんなところとは、みんなで歌を歌ったりするところとのことです。

在宅生活を望むAさんですが、次女さんとの関係性悪化のため、長男さんの自宅近くで施設を探すことになりました。

施設はスムーズに決まったのですが、長男さんはAさんが施設の方へ失礼な態度をとらないか大変気にされていました。
帰宅願望が強い方の入居前面談

「Aさんに病院へ会いに行くのは、施設が受入をできるかどうかの判断ではなく、

どんな介護が必要かを確認したり、お母様にお会いするだけなので大丈夫ですよ」

とお伝えしても長男さんの不安はぬぐえません。

長男さんがご不安な様子でしたので、今回は病院での面談に私も同席させていただきました。

結果はスムーズに進みました。

長男さんはAさんへの介護をしたことがないので、不安ばかり募っていたのでしょう。

Aさんは介護認定の調査は拒否されたそうですが、施設の方にはなんの拒否もなかったそうです。

(もちろんAさんには「施設」という言葉は使わず、家に帰る前の「リハビリするところ」と伝えています)

Aさんからの「よろしくお願いします」という言葉には長男さんも拍子抜けしたご様子でした。

まれに「私はそんなところに行かなくて大丈夫」とおっしゃる方もいらっしゃるのですが、

認知症のある方はそういう風におっしゃる方は多いので施設の方はそこまで大きく問題視されません。

ご家族は心配だと思いますが、面談はしてみないと分かりません。

私たち相談員も何がベストかを考えますし、施設の方も考えて下さります。

どうぞ安心して施設探しをお任せください。

 

 

 

老人ホームの入居金と敷金の違い

お住まい相談員の日々, 制度・法律について

老人ホームへの入居の際には、入居前にまとまった金額を支払うケースがあります。

もちろんゼロ円で入居できるところもありますが退去時にはクリーニング代が必要になります。

敷金、入居一時金、礼金、前家賃方式、入居準備金など施設によって表現が違いますので十分にご注意くださいね。

敷金は賃貸で家を借りるときなどに発生するお金と同じで必要経費を差し引いて返ってくる場合が多いです。

ほとんどの施設が返ってきますが、返ってこないところもありますのでしっかりと確認をお願い致します。

入居金などは年月をかけて償却していくケースが多いです。

入居前に支払うお金は何に対して使うのか、明確に確認しておくべき事柄ですのでご注意くださいね。
入居金と敷金の違い

伝わらない想い・・

お住まい相談員の日々

先日、83歳要支援1のAさんと長男さんと一緒に見学に行きました。

Aさん「もっと早く見学しておけばよかった・・。なかなか踏み切れんかったとよ」

私「そんなことないですよ」

Aさん「いやいや、やっぱりもっといろんなことができるうちに動いておけばよかったとよ」

長男さん「そうやね。あの頃は心配して勧めても、全然話を聞いてくれんかったもんね。

息子が追い出そうとしていると言って・・」

お子様方が一人での生活だったり、同居でもバリアフリーではないことや日々の生活を心配して、

施設を勧められるのですが、なかなか想いが伝わらないこともあります。

Bさんの例もそう。

高齢者が被害に遭う詐欺が本当に多いので、関西に住む息子さん方が家を今の住まいを売却して関西に来ることを促されていらっしゃるのですが

「財産を狙っている」と聞く耳をもたないそうです。そして、疑心暗鬼に陥ってしまっています。

denwa_kanyu_obaasan

お住まい相談員をしていると本当によく高齢者が被害にあったことを耳にします。

お金を貸したまま返ってこないこと、余計に商品を買わされたこと。

なんでそんなことをするんだろう?なんでそんなことができるんだろう?と耳を疑います。

私にできることは、身近にそういったことがありそうな場合予防として声をかけることかなと思います。