ウチシルベの会ランチミーティングin福岡

入居後の生活サポート, 南区
IMG_0541

高齢者を支える家族を中心に、介護・看護・医療の現場経験者と一緒に、気軽になんでも日常の介護について情報交換ができるように、各地域の情報活用や共有のためのコミュニティーの場を肩の力を抜いて、おいしいランチを楽しみながらご参加いただけるように始めました。

介護保険料未納について

制度・法律について

地域包括支援センターから、相談当時は要支援2の70代男性が一人での生活が難しいので施設入居を検討したいから相談に乗ってほしいと話がありました。

以前、脳梗塞を患い日常生活が全般的に不自由なご様子でした。

早速伺い、ご紹介したサービス付き高齢者住宅を気に入っていただきましたが、敷金のご準備が難しいとのことで敷金を貯めてから入居の段取りとなりました。

この方にあった十分なサービスを受けられるようにと区分変更を提案し地域包括の担当者が申請したところ、介護保険料の未納期間があることが発覚しました。

この方の場合は4か月の給付制限がかかり、その間の介護保険料の負担が現在では通常1割負担のところこの4か月は3割負担になるとのこと。

(未納期間によって給付制限の期間は異なります)

区分変更の結果要介護1と認定されましたが、必要なサービスを受けられずとても心配でした。

3割負担で支払いをすると利用できるのですが、この方にとってはとても利用料負担が大きかったので利用を最小限にし、近所の方がサポートをして下さいました。

給付制限期間が終了して、現在は当初決めていた施設に入居して生活していらっしゃいます。

食事もしっかりと取れるようになり、顔色もよくなりました。

介護保険の徴収が始まったのはここ数年ですので、今後このような問題は増えてくるかもしれませんね。

いざ介護が必要な時に必要なサービスが受けられないことは本当に大変なことです。

この問題は65歳以上の方だけの問題ではありません。特定疾病により40歳以上の方でも介護認定を受け介護サービスを受けることができます。

私たち相談員は日々多くの方にお会いするので、若くして脳梗塞を患った方、糖尿病Ⅰ型と診断された方などお話を聞くことがあるので遠い先の話とは思えないのです。

50代特定疾病により要介護1、40代特定疾病により要介護4など施設入居を検討したいというご相談を受けたこともあります。

参考例:https://www.osumai-soudan.jp/soudanin/fukuokahonbu/about/151.html(65歳より若い方の老人ホーム入居を考える場合の注意点)

いざという時に困らないように、ご自身のこと、身内の方のこと、確認をお勧めします。

 

 

 

要介護5の方の施設選び

医療充実, 相談実例, 認知症

病院のソーシャルワーカーさんより、84歳要介護5の男性の施設を奥様と一緒に探してほしいと依頼がありました。ソーシャルワーカーさんと奥様と面談をして、ご家族の希望としては「歩くのは無理だけど身の回りのことは自分でできるようになってほしい」とのことでした。いろいろと話を伺うと今回は2度目の施設探しで最初に選んだ施設で失敗したとのこと。前回は約30施設ほど見てまわったのに失敗したので、より施設選びに慎重になっていらっしゃいました。福岡市南区にある24時間看護士常駐で介護度が重たい方でも入居できる認知症専門のクリニックが入った住宅型をご紹介しました。ここは常に満室で空きを待つ覚悟でご紹介しました。ご紹介したところ、施設の活気ある雰囲気、スタッフの方の対応、認知症のデイケアがありリハビリもできること、費用面もご家族様の満足のいくものとなり、1件目の見学でしたがその場でお申込をされました。しかし空室待ちです。退院は3カ月後でしたが、もし空きがでなかったときのために申込をした後も見学を続けました。しかしなかなかご家族様の希望にあった施設が見つかりません。さすがに私も少し焦りを感じていました。

ご相談を受けてから3ヶ月目の退院が月末に迫ったある日、ソーシャルワーカーさんから電話があり「奥様が倒れた」とのことでした。つい昨日も電話をしたところでしたので信じられませんでしたが、脳梗塞を起こしたとのことでした。奥様が私のことを長女さんに話をして下さっていたので、ソーシャルワーカーさんが私と長女さんを繋いで下さり、翌週から施設探しを始めました。

今回奥様が倒れたことで、しばらくは奥様も入院となり退院後も頻繁にはご主人のところには通うのは難しいと考え、南区の施設と同じ系列の早良区の施設を長女さんにご紹介しました。長女さんも施設のシステムや雰囲気を気に入って下さり、その場で申込をされました。

今回ご紹介したのは、リハビリに特化した住宅型でした。介護度が重たいから必ずしも介護付の施設がいいわけではありません。難しい医療行為がない、施設の受入状況などさまざまな条件やご本人様やご家族様の希望にあった施設選びが重要だと思います。

人工透析の方の高齢者施設入居

博多区, 施設情報

人工透析を受けている70代男性・要介護1の方の高齢者施設入居の相談があり、担当のケアマネージャさんと一緒にご本人とご家族と施設入所のご希望を伺いに訪問しました。

今まで、県外で長年高齢者夫婦での生活してきた方が、奥さんは自宅での介護が無理になったため特別養護老人ホームに入所することになり、ご主人は自宅で一人の生活をしながら週に3回透析通院を送る日々の中、淋しさと不安が日増しに大きくなり始めたため福岡に住む娘さん家族の家に引っ越すことを決断されたそうです。

当初は、娘夫婦と孫に囲まれた楽しい生活の始まりのようでしたが、初めての三世代同居のストレスを家族全員が感じるようになり、生活に慣れるよりも本人が疎外感を感じることが早かったようでした。

その後、だんだんと気分の落ち込みが進み、食欲低下とともに体力の低下がみられて、体調管理と家族と一時的に離れたほうがよいとの判断で、通院中の透析病院に入院することになりました。透析

 

長年の人工透析患者の方に多くみられるのも鬱の症状であり、ご家族の悩みでもあります。

今回は短期間入院して食欲の改善と体力筋力の回復を目指す予定が決まり、入院の前に高齢者施設の見学をすることになりました。

ご本人の希望は、娘さんの自宅に近く家族が自転車で来ることができる距離で、散歩や買い物など便利で、透析病院の送迎範囲内場所にあることと、個室で部屋でのプライバシーが確保できることと、リハビリができることでした。

img_doc1

そこで、今年1月に福岡市博多区にオープンした、1階に理学療法士によるリハビリが受けられるデイサービスがあり、内科クリニックがあるサービス付き高齢者向け住宅を見学することになった。

角部屋でガラス窓に囲まれた部屋で、明るく開放的な部屋をいっぺんに気に入ってすぐ申し込みをされることになりました。

体調の変化が激しい透析患者の方は、看護師さんの24時間いる施設である安心と閉塞感からの解放がとても大切に感じられますので、特にきちんと施設職員に説明してもらいました。

食事についても透析食などの説明も受けて、見学の際に疲れが見えてきた場合も、看護師さんがすぐ近寄ってきて、脈拍や血圧など計って落ち着くまで気を配っていただきました。

この方は体調に合わせて退院予定で施設契約も終わり、引っ越しや入居準備を整え、一日も早く入居できることを楽しみに、お孫さんに励まされながら毎日治療に専念しておられます。