熱中症の危険度を示す暑さ指数(WBGT)とは?

高齢者の症状・健康

痛い・・。

毎日、担当エリアをうろうろしながら右腕に紫外線を感じております。

今は車検の為代車ですが、黒の車体、バイザーなし、エアコンが途中で熱風に変わるという

環境の中、熱中症に気を付けながら仕事に励んでおります。

さてさて、今年よく暑さ指数(WBGT)という言葉を耳にしませんか?

以下は、環境省熱中症予防サイトからです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

暑さ指数とは?

暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。

日常生活に関する指針

温度基準
(WBGT)
注意すべき
生活活動の目安
注意事項
危険
(31℃以上)
すべての生活活動で
おこる危険性
高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。
厳重警戒
(28~31℃※)
外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
警戒
(25~28℃※)
中等度以上の生活
活動でおこる危険性
運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。
注意
(25℃未満)
強い生活活動で
おこる危険性
一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

※(28~31℃)及び(25~28℃)については、それぞれ28℃以上31℃未満、25℃以上28℃未満を示します。
日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針Ver.3」(2013)より

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

福岡市HPの熱中症情報を毎日チェック(フェイスブックでは、福岡市医師会のフェイスブックをシェア)していますが、

7月17日~22日までは厳重警戒となっています。

そして、2016年7月21日までの熱中症による搬送状況は、168人(前年同日比+66人)

この搬送された方で高齢者(65歳以上)は43%をとなっています。

あのNASAが「今年は史上最も暑くなる」と言っていたので、とってもビビッています。

熱中症は誰しもがなる可能性があるので、私も十分に気をつけています。

~夏の熱中症・脱水症対策―お住まい相談員が教えます~

http://www.osumai-soudan.jp/article/56.html

あと今年特に気をつけているのが食事。

昼はしっかりと食べるように心がけています。

食品添加物は体を疲れさせるそうですので、意識してなるべく取らないようにしています。

焼き鳥屋のウインナーはやめられませんが・・。

健康にこの史上最も暑い夏を乗り越えたいですね^ ^

経鼻経管栄養にして1年・・・

高齢者の症状・健康

叔父は昨年胃ろうを造設予定でした。

胃ろう造設の検査の結果、造設できませんでした。

腸への直接栄養を送る、腸ろうもできなかったため現在も経鼻経管栄養をしています。

経鼻経管栄養になって、約1年が経とうとしています。

私は年に2~3回会いにいっていますが、元気には変わりがありません。

何度かチューブを引き抜いたこともあったそうですが、現在も経鼻経管栄養です。

中心静脈栄養にしたら食べられるかもしれないとの想いがあったようで、検査等してもらったようですが、

施設側の管理が難しいとのことで断念したようです。

経鼻経管栄養を受け入れてくださるだけでも私たちにはとてもありがたいことですが・・。

叔父の還暦の誕生日の際には、ケーキを唇につけていただいたそうですよ。

誕生日には、私の両親、父の弟家族と職員さんで祝ったそうです。

よく利用者さん家族と延命措置や胃ろうをしてまで生きたいか、という話になります。

本当に難しいですよね。

ご飯が食べられないからといってすぐに元気がなくなるわけではないので、

元気な様子をみていたら延命をしない、という決断が鈍るのではないかと思います。

経鼻経管栄養をしてもうすぐ1年。

叔父には元気に過ごしてほしいと思います。

在宅か?施設入居か?

お住まい相談員の日々

「すっごく考えて施設入居を選んだのに」

Aさんは、とあるグループホームに併設した小規模多機能を見学後、私におっしゃいました。

「そうですよね。Aさんの大変さやお気持ち、どのような経緯かを私はよくわかっていますから」

Aさんのお母様は80代の要介護1でお一人暮らしでした。

認知症を患っておりましたが、ヘルパーさんを利用しながら一人での生活を続けていました。

Aさんは関西で生活されていますが、月に一回はお母様と過ごすために福岡に帰って来られます。

お母様はたびたび家への帰り道が分からなくなって、とんでもないところで発見されることが多々あったようです。

朝夕とヘルパーさんが来てくださっていたようですが、ヘルパーさんからお母様がいないと聞くと

GPSでお母様の行方を探していました。

そして兄妹間では、「ある程度自由に生活させよう。もし何かあってもお互い恨みっこなしね」と話し合っておられました。

夕方や寒い真冬にお母様がいないことに気づき、遠方からGPSでお母様を探すAさんの気持ちはどのようなお気持ちでしょうか。

暗くなって、車にはねられとらんかいな?この寒さで大丈夫とかいな?もうどこにおるとよ・・。

心配する気持ち、何かあったらどうしようという不安、また?という怒りの気持ち。

そんな想いを何回も経験したある日、お母様は道に迷って転倒して骨折、その後脳梗塞発症により入院となりました。

これを機会に施設入居を検討、私と一緒に見学を進めていきました。

Aさんとの施設探しは三カ月くらいかかりました。

住宅型がいいのか、グループホームがいいのか。

一緒に見学して、ここはこうだった、ああだったと確認しながら少しずつしぼっていきました。

お兄さんから「ここも見てきて」と言われた施設見学のときです。

グループホームに併設した小規模多機能でそちらのケアマネさんの言葉がAさんの気持ちをざわつかせました。

「皆さん絶対に自宅がいいんですよ」

そう繰り返し言います。

「それはそうかもしれないけど、Aさんの状況も知らないでよくそんなことを・・」

在宅での生活を望まれる方は多いです。

ただ、全ての人が在宅での生活ができるわけではないですし、人それぞれです。

自分の意見の押し付けは良くないと思います。

私はもう少しAさんの話を聞いてほしかったです。

「すっごく考えて施設入居を選んだのに」

Aさんの言葉にとても胸が痛みました。

これから約2週間後にAさんはお母様のグループホームを決め、それから約一か月後にお母様は退院してグループホームへ入居しました。

今のお母様のご様子は—。

グループホームに慣れつつありますが、たまに不機嫌に電話をしてくることがあるそうです。

Aさんは来福の度に近況を報告してくださいます。

次回、お会いできるのが楽しみです。

 

 

 

水中毒について

お住まい相談員の日々, 高齢者の症状・健康

「水中毒」この言葉を聞いたことがありますか?

私は相談員の仕事をしていて初めて聞きました。

「水中毒って、アルコール中毒みたいに水を飲み過ぎるということ?」

そう思ったのですが、まさにその通りでした・・。

「いや、水なんてそんなに飲めんやろ・・」

「どれだけ飲んだら、水中毒になるとかいな?」

そんな疑問がありました。

簡単に言いますと、1日に20リッター以上を飲み続けるとなる可能性があるそうです。

あくまでも可能性であり、なる人は多くないようです。

ということで、恐れず水分を摂ってください。

私がこの数年で既往歴に水中毒があった方は、私が担当した方で言えば1名、

同僚も1名程度です。

安心して、一日1,500mlくらいの水分をとってくださいね^^

以前ご相談いただいた方からのご相談

お住まい相談員の日々

最近、「ウチシルベの評判を聞いた」とのことで、お問い合わせが増えており、

ありがたい限りです( `ー´)ノ

また、以前ご相談いただき入居したけど事情が変わって、また探してほしいというご相談もあり、

再度携帯にお電話いただけるのは、思い出していただいて本当にうれしいです。

ある日、昨年ご相談いただいたキーパーソンのAさんより再度ご連絡をいただきました。

その時の事情にたまらない気持ちになったことは今でも覚えています。

こちらにある2例目の方です。

お住まい相談員ブログ~要支援1の方の施設選び~

https://www.osumai-soudan.jp/soudanin/fukuokahonbu/choice/475.html

明るい黄色のジャケットをお召しになって、見学してくださったあの素敵な笑顔をよく覚えています。

今回も事情があり、今度は県外で探すことになりました。

今回の事情にまたたまらない気持ちになりました。

詳しいことは書けませんが、皆さまそれぞれ家庭の事情を抱えていらっしゃいます。

急ぎではなく、ゆっくりと。時間をかけて説得していくようです。

良いお手伝いが出来たらいいなと思っています。