「福岡市生活支援型訪問サービス従業者研修」を受講しました

お住まい相談員の日々

1月に3回に渡って研修を受けてきました。

介護保険制度の概要、高齢者のこころとからだに関する理解、介護従業者としての心得や倫理、訪問介護サービスおよび介護技術、

認知症についてなど多くのことを、3週に渡り、合計21時間ほど学びました。

お住まい相談員として多くの高齢者と関わっておりますが、基本的なことを多く学べました。

「そんなオーバーな」と思うことがありましたが、ただ、私ではありませんものね。

何があるかわかりませんよね。

こんなに丁寧に報告・相談をしていくことで、高齢者に関する家の中での事故は防ぐことができ、安心して生活できるのだなと思いました。

印象に残ったのは、高齢になってからの喪失体験はとてもつらいものだということ。

想像だけでつらいだろうと思っていたのですが、文章で改めて思い知って、

「10年間で3人もの友人やパートナーを見送ったAさん」や

「一昨年、息子さんを亡くされたBさん」

他にもいろんな方のお顔が頭に浮かびました。辛かったですよね。

意欲低下につながった理由がわかったように思いました。

勉強するということは大切だと改めて思いました。

今年もたくさん勉強していきたいと思います。

小さなお子様の老人ホーム見学の同行について

お住まい相談員の日々

施設見学の際に「小さな子どもを連れてきていいか」との質問をいただくことがあります。

この冬の時期に関して言えば、遠慮していただきたいとお願いしております。

皆さまご存じの通り、保育園、幼稚園、小学校ではさまざまな感染症が流行っております。

子どもの感染力は強いと言われておりますので、どんなに努力してもインフルエンザやノロウイルスが

発症してしまう老人ホームとしてはリスクが高いです。

冬以外の時期でしたら、私は事前に施設に確認しております。

ほとんどの施設がOKなのですが、もしかしたら感染症が発症している施設もあるかもしれませんので

小さなお子様のためにも、高齢者のためにも、お互いに配慮が大切だと思います。