徘徊だけじゃない、気をつけてほしい認知症の症状

お住まい相談員の日々

グループホームへ入居された方のご家族Bさんと話をしていたときのこと。

先日、住宅型有料老人ホームへ入居が決まったAさんの話をしました。

このAさんは、キーパーソンが2,3年帰省しない間に認知症が進行していて、

親族がら「様子が変よ」と言われて、Aさんに会いに来たところ、部屋中が洋服だらけになっていたと言います。

家の中にあるクローゼットはもちろんいっぱい、部屋にも洋服があふれています。

洋服だけではなく、小物類も・・。そして、日用雑貨までもストックと呼べない数があったそうです。

お子さん夫婦がこう口にしました。

「なんであんな一流のお店の人たちが、認知症に気づかなかったのだろう。少しはおかしいと思っていたはず。

一流のお店なら、「○○さん、この前こういった洋服買われましたよね。他のにしませんか?」とか言いますよね?

それが一流でしょう?

同じような服や靴がたくさんあるんですよ。

それでも売上が大事だから、売りつけたんだろうね」

この話を聞いてとても胸が痛みました。

私はこういった話は初めてで、遠く離れて暮らすお子さんの気持ちを察するとあまりあるものがあります。

「桑野さん、遠くに暮らす両親がいるお子さんには注意するように呼び掛けたほうがいいですよ」

こう言ってくださいました。

Bさんにこの話をすると、

「ウチもあったのよ!ウチは○○よ!(とあるお店の名前)」

同じように遠く離れて暮らすBさんの親御さんは、食品売り場を歩くたびに名前で呼ばれて買わされたといいます。

「今度お子さん方帰ってくるんでしょう?といってドライフルーツなどたくさん買ってたのよ。

少しならいいけどどう考えてもおかしい。きっと気づいているはずよ。

認知症の人はね、名前を呼ばれると知っている人と思ったり、勘違いするのよ。」

複雑な気持ちになりました。

デパートだと本当にお金を持った人もたくさんいらっしゃるでしょう。

店員さんに悪意があったとは思いたくありませんが、少しはおかしいと気づくこともあるのではないでしょうか。

コンビニやスーパーの店員さんは、教えてくださいますよ。

オレオレ詐欺にあってお金をだましとられることだけが、悲しいことじゃない。

こうやって多額のお金を支払ってしまうこともとても悲しいことですよ。

相模原での施設で事件があった時、翌日には市からさすまたなど用意するように指導があったそうです。

何か事件があってから動くのではなく、こういった事例から市町村が小売店に呼びかけてもいいのではないでしょうか。

認知症の祖母と暮らした両親(終)

お住まい相談員の日々

そんなこんなで両親と祖母の生活が始まってそれからまた2か月

季節は秋になろうとしていました。

その間、父は2回帯状疱疹になったそうです。

気づかないうちに祖母との生活がストレスになっていたのではないか、と母は悩んでいました。

父が優しく祖母に接するのに対して、いくら認知症とはいえ、祖母がひどい返答や態度をしたことがあったそうです。

それをみて母はまたイライラとして・・。

「次、お父さんが帯状疱疹になったらおばあちゃんとは一緒に住めん。」

私にはそう宣誓していました・・。

冬の支度をはじめたころ、事件が起こりました。

祖母が夜中に間違えて、トイレと反対方向に歩いたため、しりもちをついて玄関から落ちたのです。

翌日病院に行くと骨折のため、入院となりました。

入院中は、トイレが大変だったそうです。

おむつをして、おむつに用を足すようにいっても嫌だと言い、骨折をしていることを忘れて起き上がろうとして痛いと叫ぶ、

病院ではこのような感じだったそうです。電話から母がやつれていく様子が分かりました。

そして、入院から1週間で亡くなりました。

その亡くなった日は、祖母がちょうど5年前に長年住んだ自宅を離れた日だったそうです。

おじいちゃんが、もういいよと迎えに来たのだろうと親族では話しています。

そうすることで気持ちが安まりますからね。

なんで骨折なのに、1週間で亡くなったの?と思われたでしょう?

私も数年間理由が分かりませんでした。

聞いてはいけないような気がしていたのです・・。

相談員の仕事をしていく上で日に日にその疑問が大きくなったのでついに先日母に聞いてみました。

案の定、それまで笑顔だった母の顔は一瞬にして曇ってしまいました。

「聞かなければよかった」

聞く前にそう思いました。

死因は、呼吸不全。

夜中に暴れる祖母は、眠るように投薬されていたようです。

「気管支が弱かったから、合わなかったんじゃないかな。

今まで誰にも言わんかったけど。」

この言葉で、母が今でも少し自分を責めているのではないかと感じました。

あの時起きて付き添ってあげれば・・。

在宅で介護されている方には、このような想いはしてほしくないと思っています。

 

半年くらいの短い期間でしたが、このようにして両親と祖母の同居は終わりました。

お住まい相談員の仕事では、祖母の年齢くらいの方の施設探しをお手伝いできます。

「おばあちゃんが生きていたらこんな感じで話ができたのかな」と思うことが多々あります。

利用者さんがお孫さんの話をされると、おばあちゃんも私のことをこんな風に思っていてくれたのかなと思うと嬉しくなります。

今日は見学後に利用者さんとお茶をしましたが、楽しくおしゃべりできました。

忙しい毎日の中で、利用者さんとのひとときは心がやすまります^^