家族からのDVでの相談

体験入所, 施設の選び方, 相談実例

ケアマネージャーさんからのご相談で、緊急で自宅訪問に同席してほしいとお電話がありました。95歳女性要介護3の方が長男夫婦と同居をはじめて4か月目で、長男は70代とどちらも折り合いが悪く、高齢者親子での心の行き違いが引き金で喧嘩ばかりしていました。

けれど、ここ数日は息子がクーラーもテレビも電気もつけさせず、家中真っ暗で暑い生活を家族みんなにさせている始末。その上、お母さんの歩行器を投げつけて壊すなど、手が付けられない状態までこじれていました。

続きを読む

お元気な方の老人ホームへの入居相談

体験入所, 施設の選び方

お元気な方の老人ホーム入居検討のご相談がケアマネージャーさんからありました。

要支援1・98歳女性一人暮らしで自炊をされている方で、ちょうど区役所からの介護認定調査に立ち会うことになり、ご自宅に訪問。

認定調査の聴き取りにもしっかりとした会話で受け答えされていましたが、高齢による心臓肥大で午前中と夜中30分程度の動機と倦怠感がつらいとのことでした。今まで一人暮らしをできたのも団地の1階がスーパーで、団地の横に内科・整形外科眼科・耳鼻科・歯科とクリニックがある特別な環境だったからとの事です。

s_スライド1

しかし、最近は団地の老人会の食事会やデイサービスにも参加することができないと、外出をされない様子でした。外出しないと誰とも話すことはなくなるため、不安は大きくなります。

認知症もなく、記憶力もよいため老人ホームに入る決断がつかない。家族もかわいそうだと思いがちになります。しかし、一人では夏場の水分補給は十分にとれていないし、食事もおろそかになっているのも事実です。

朝食はパンのみ、昼食はバナナにヨーグルト、夕食は簡単におかず1品とご飯は少し。少しのおかずを何回も同じものを食べて、飽きてしまう様子。食事の支度も面倒になっていると本人の自覚もある状態でした。

ご家族の近くの老人ホームに入りたいとの本人の希望で、現在お住まいの福岡市東区から出て、糸島市の老人ホームの見学をすることになりました。

要支援1の介護認定しかないため、どこもなかなか受け入れてくれる施設はなく、2件のご見学を提案して、1件は昼食予約をして試食することになりました。

見学当日は、34度の真夏の気温でアイスボックスにお茶と冷却グッズと塩飴を準備し、高齢者の熱中症対策を万全にしてお迎えに行きましたが、車での外出は久しぶりなのよ、と言われて楽しく見学施設に到着しました。

1件目は、糸島市でも福岡市西区との境にある住宅型有料老人ホームで、90代の方でお元気な方が多く、99歳の方と同じテーブルで昼食を取りましたが、鮭の粕付け、野菜の煮物、きゅうりとちりめんじゃこの酢の物、お漬物、味噌汁、ごはんととてもおいしく完食されていました。

ご家族も一緒に召し上がり、こんなにおいしいならば私も毎日食べたいなあ。と、飽きのこない献立と味付けに満足。その後、お部屋とお風呂などを見学して、お部屋の収納が多いことやミニキッチンがあることなどが気に入られていたご様子。お風呂も旅館のお風呂のようだと気に入っていました。

施設の方は、出来るだけご本人の希望に合わせて生活できるようにとの配慮で、洗濯をご自身がしたければしてもよいし、手助けが必要な部分を職員が手伝います。と、かなり柔軟な対応でした。

2件目は、糸島市の美咲が丘駅に近い住宅型有料老人ホームで、要支援から受け入れ施設ですが、今は要支援の枠がいっぱいなので要介護が出たら受け入れたいと、介護保険の変更結果待ちでの見学となりました。

今回の見学では、本人家族共に施設を気に入っているけれど、もう少し心の準備が欲しいので、1週間ほど時間が欲しいと話していらっしゃいました。このように入居するならここがいいな。とはっきりしていても、まったく知らない地域に入居することは、本人は決断がいるかと思います。

このような場合は、施設の近くのご家族の家に泊まったり、施設に数日体験入居したりと、地域での交流の時間を取ることが、安心で快適な生活につながるのではないかと思います。

比較的お元気な方のご入居に大切な点は、住み慣れたところからの移動が受け入れられるような工夫を前もって行うことが大切でしょう。

施設見学前に確認するべきポイントは?・・・その3

体験入所, 太宰府市, 施設の選び方, 施設情報

福岡市周辺地域の高齢者施設の見学で、大野城のサービス付き高齢者向け住宅・筑紫野市の住宅型有料老人ホーム・太宰府市の住宅型有料老人ホームの見学のお話しを前回しましたが、その時見学前の予備知識として、本人にあった施設かどうかのポイントを見て下さいとお伝えしました。

今日はその3件目のことをお話ししたいと思います。

続きを読む

施設見学前に確認するべきポイントは?

体験入所, 大野城市, 施設の選び方

福岡市周辺地域の高齢者施設の大野城のサービス付き高齢者向け住宅と筑紫野市の住宅型有料老人ホームと太宰府市の住宅型有料老人ホームの見学のお話しを前回しましたが、その時見学前に予備知識として本人にあった施設かどうかのポイントを見て下さいと、伝えました。

今日はそのことをお話ししたいと思います。

続きを読む

老人ホーム探しの苦労 その2

体験入所, 相談実例

例えば、施設探しの早道として何を話せばよいか、と言うと、性別・年齢・介護度・病気などの既往歴・障害何級・手術歴・自立歩行、杖、車いす利用など。

特に大切なことは、糖尿病の場合でインスリンを何回必要とするか、在宅酸素を利用しているか、透析が必要か、胃瘻や鼻注栄養など必要か、ストマーなどしているか、認知症の状態や病名などの細かな情報です。

続きを読む

老人ホーム探しの苦労 その1

体験入所, 相談実例

老人ホームを探すとき、いろんな種類があるため分からないまま探してしまいがちなのですが、なかなか簡単ではありません。

「コマーシャルや雑誌、市政だより、新聞広告やホームページなど情報はあふれているのに、分からないし、判断がつかない。」と、よくお電話いただきます。

「役所の方に困って相談したら、やっと高齢者住宅仲介センターという専門の施設探しを相談できるところがあると分かりました。」と、すこし焦り気味の感じで「とにかくパンフレットを下さい。」と、おっしゃる。

続きを読む