105歳と95歳の数十年ぶりの再会

お住まい相談員の日々

九州地方に暮らす95歳女性Aさん。

戦争でご主人を亡くして以来、ずっとお一人で生活をされていました。

お子さんはおらず、遠い親戚のBさん、Cさんが病院に連れていったり、

ヘルパーさんとのやりとりをしたりして

畑のあるご自宅で一人で生活されていました。

ヘルパーさんやデイサービスの利用、

親戚の方々のサポートにより一人での生活ができていましたが、

ヘルパーさんが作ってくださった料理を食べ忘れたりして、

1週間前に作っていただいたものがそのまま冷蔵庫に残っていたりして

親戚の方々が心配になり、考えに考えて昨年5月頃施設入居を決められました。

入居して間もなくそこの事業所が閉鎖となり、

現在は小規模多機能を利用されています。

月に2回、BさんCさんが自宅や病院受診で帰宅のお手伝いをされます。

その際には、ビールを召し上がったりされるとか。

元気に日常生活を送っておられるAさんには、

東京には105歳の従妹がいらっしゃるそうです。

なかなか会えなくなっていたこと、

お二人ともご高齢だから最後に会わせてあげたいと、

BさんCさんが今回、Aさんを2泊3日の旅行へお連れしたそうです。

想像するだけで大変なことでしょう。

移動やお手洗いなど考えただけでやめようとしてしまいます。

しかしCさんの段取りの良さで、東京での移動の際にタクシーを手配し、

小型の車いすも手配してその日を迎えました。

約30年ぶりの再会。

九州地方から東京へ移って数十年。

それでも九州の言葉でAさんとの会話を楽しんだそうですよ。

お互い、顔はよくわからなかったとか。

涙あり、笑いありの旅だったそうです。

105歳と95歳の女性二人が手をとって笑いあり、

それを見守る周りの方々のほほえみまで想像できますね。

105歳の方は100歳を機に、施設入居されたそうです。

そちらの施設での再会でした。

そして東京観光をして、無事に九州に帰ったそうです。

105歳と95歳の数十年ぶりの再会

Aさん、Bさん、Cさんには、血縁関係はありません。

それでも遠い親戚として、Aさんを支えるBさんCさん。

家族間での虐待など悲しいニュースも耳にしますが、

このお話はとてもほっこりして

聞いている私もうれしくなるお話でした。

 

天気が良くなると増えてくる相談

お住まい相談員の日々

福岡は一気に暖かくなりました^^

今日は天気が良いから、もう少し歩いてみよう!

天気が良いからせっかくだから所用を済ませてこよう!

そう思いますよね。

私も今日はいろいろ回るのに車を置いて歩きました。

いつもの散歩コースを少し遠回りして帰りたくなりますよね。。

天気が良くなると、「徘徊」が始まった!との相談が増えます。

ご本人からするとちょっと散歩していたら道がわからなくなっただけ、と、

朝型に帰宅されたり、夜遅くに帰宅されたりするケースもあります。

探しているのはご家族だけではなくケアマネさんもそうですし、

施設から離設された方であれば、施設の職員総動員で探します。

帰りを待つ側からしたらとても心配で不安ですよね。

ストレスにより、ふっと徘徊や幻聴・幻覚といったことも起こりますので

事前に察知してストレスを発散できる方法を考えておくといいのかもしれませんね。

天気が良くなると増えてくる相談

 

 

ご主人が老人ホームへご入居、数年後奥様もご入居されました

お住まい相談員の日々

数年前、80代前半の要介護4のAさんをグループホームへの入居のお手伝いをしました。

キーパーソンは奥様70代後半。ご夫婦二人暮らしで、保証人はご主人の妹さんでした。

 

奥様自身は少し歩行が不安定で、小さなキャリーケースを歩行器代わりにして歩いておられました。

roujinsya_obaasan

奥様は毎日ご主人に会いにいらしてました。

そのグループホームに行くたびに奥様にお会いすることができました。

私「毎日いらっしゃると大変でしょう?少しお休みされてもいいと思いますよ」

奥様「家にいても落ち着かないのよ。主人に新聞をもってきてあげないといけないし」

Aさんの日課である新聞を読んでもらうために、新聞を毎日もってこられていました。

「もし奥様がお越しにならない場合は、自宅に電話しますね」

毎日いらっしゃる奥様に施設の管理者の方は敬服されていて、

ただ、奥様ご自身のことも気にされていて

奥様がいらっしゃることで奥様の安否確認ができている状況でした。

それから1年後くらいしてー

グループホームの管理者の方から連絡がありました。

「Aさんが在宅でお過ごしの時のケアマネさんはどなたでしたっけ?

奥様が介護認定がおりたようなのでお願いしたいとのことです」

そのような連絡をいただいたので、奥様のことが心配でした。

 

つい先日、その管理者の方と話をしていて

「Aさんの奥様、お元気でいらっしゃいますか?その後どうされていますか?」

と伺ったところ

「こちらのサ高住に入居されましたよ。毎日、日に2,3度会いに来られています」

元々、「奥様もこちらにお住まいになったらいいですね」という話をしていたのでとてもうれしく、

管理者の方と喜びを分かち合いました。

そこは、同じ建物の中にサ高住とグループホームがあります。

奥様の安全が確保されて、日課の毎日の面会が2,3度に増えて、本当にうれしいお話でした。