久留米市で新規オープンの施設

施設情報

4月16日より久留米市で24時間看護師がいらっしゃるサービス付き高齢者向け住宅の

「ロイヤルレジデンス久留米」がオープンしました。

ロイヤルレジデンス久留米_170524_0006

ロイヤルレジデンス久留米_170524_0005

医療ニーズの高い方に応えて下さる施設です。

1階は喀痰吸引に対応できるように各居室に設備を用意しております。

ロイヤルレジデンス久留米_170524_0002

福岡市でもオープンしていますよ。

ロイヤルレジデンス博多

http://www.osumai-soudan.jp/search/fukuoka-shi-hakata-ku/4619.html

ロイヤルレジデンス田島

http://www.osumai-soudan.jp/search/fukuoka-shi-jonan-ku/16565.html

 

随時、ご案内しておりますので、お気軽に見学の希望をお申し付けください。

安心も癒しもお任せ!老人ホームでアニマルセラピー

施設情報

先日は、ペットが飼える施設をご紹介しました。

ペットのいる生活を施設入居とともにスタートさせませんか?

今回は、「ペットを飼っている施設」をご紹介します。

dog_family

福岡市博多区「さくらんぼ」

http://www.osumai-soudan.jp/search/fukuoka-shi-hakata-ku/8520.html

54feae2bc8cdaa1ce0cfd70a90343bee2

もうだいぶ大きくなりましたがとってもかわいいですよ♪

 

福岡市早良区「穂々笑」

http://www.osumai-soudan.jp/search/fukuoka-shi-sawara-ku/9952.html

いぬ

くぅ~。カワ(・∀・)イイ!!

もう一匹います!

 

筑紫野市「ラベンダーヴィレッジ」

http://www.osumai-soudan.jp/search/chikushino-shi/9255.html

なんと!お部屋にまで連れていっていいそうですよ!

 

「今までペットを飼いたくても今まで飼えなかった」という方もいらっしゃいます。

この子たちがいるからここの施設に決めた!という方もいらっしゃいます。

ペットのいる施設で新生活をスタートさせませんか?

高齢者施設の種類について・・その1

中央区, 施設の選び方, 高齢者住宅とは

先日、福岡市中央区のリハビリ病院にご入院中の方のご家族が、高齢者施設の入居をしたいと地域医療連携室の相談員の方経由で、ウチシルベに予約してこられました。

「病院の相談員さんに高齢者施設のパンフレットを頂いたが、いろいろ見ながら施設の種類が全く分からないし、どこがどう違うのかと、改めて分からなくなった。」と、ご質問がありました。

「実際、特別養護老人ホーム・老人保健施設・介護付き有料老人ホーム・グループホーム・経費有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・生活支援ハウス、と、いろいろパンフレットに名前が違うものがあり、何となく特別養護老人ホームは空きがなくて入れないのではないか、では介護付と名前が書いてあるのがいいのかな?とは思っています。」と、自分なりに考えていらしたようです。

福岡市は、高齢者対策として福岡市の方針で打ち出され、特別養護老人ホームがたくさん建てられています。

しかし現在のユニット型(個室のタイプ)の特別養護老人ホームは、年金額などに応じて月額利用金額が意外と高額であったり、病状や認知度など複合型の問題をいくつも抱える方が入所しにくかったり、介護家族がいる場合優先順位が低かったりとすぐにいつでもだれでも入れるわけではないのです。

大体の特別養護老人ホームの待機者数は、100~300名と言われていますが、福岡市の特別養護老人ホームは待機者が少ないほうではあります。

それでも年間空きが出る数は、15部屋から30部屋程度ではないでしょうか。

要介護3以上から入れる制度が変わって、ずいぶん待機者が減ったといわれますが、それでも希望の場所の特別養護老人ホームには、すぐには入れないようです。

img01

次に老人保健施設は、病院を退院するときにリハビリ目的などで要介護1以上の方が在宅復帰できるように3か月程度入所できる施設です。

施設と名前がついているため、ずっと入居できると思っている方も多く、3か月は短いのでまだ出てもらっては困る。と、言われるご家族も多いのが現状です。

在宅に戻るためのリハビリの施設であるので、仕方がないのは現実です。

そのほか、経費老人ホームというところがありますが、比較的料金がお安く福岡市内の中心地にはありませんが、比較的お元気な方が自分で階段などの移動ができる方が入居されており、常に介護が必要な方は退去しなければならないのも現実です。

常に満室のようですが、比較的対処する方も多いため、さほど長く待たなくても数か月で入れることも多いようです。

ここまでの特別養護老人ホーム・経費老人ホーム・老人保健施設は、みなさんが最初に質問される施設です。

そのほかの介護付き有料老人ホーム・グループホーム・経費有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅・生活支援ハウスは、有料老人ホームとしてウチシルベのお住まい相談員が紹介し、ご見学いただく施設です。

次回は、この施設の違いについて、具体的なお話をしたいと思います。

ユトリアカフェのご紹介

博多区, 施設情報

先日、福岡市博多区にあるサービス付き高齢者向け住宅やグループホーム、小規模多機能などを併設している「ユトリア博多」さんで行われている

「ユトリアカフェ」にお邪魔しました。

IMG_0469

 

「ユトリア博多」さんエントランス

IMG_0471

こちらのエントランスにはいつも生花が飾っていて、心が和みます。

こちらのエントランスはマンションのようですよ。

 

さて、今回のテーマは’認知症の予防と口腔ケア’ユトリア博多の真向いにある加茂歯科医院の加茂公平院長が講師でした。

IMG_0472

認知症の話はよく耳にしますが、口腔ケアについてはあまり聞きません。

私は口腔が乾燥していくことすら知りませんでした・・。

「8020運動」これはよく聞きますが、80歳で20本の自分の歯を残そうという目標ですが、

20本あると食事がしやすいけど19本になると食事がしにくくなるそうです。

80歳で20本を残す運動は知っていたけど、食事がしにくくなるとは知りませんでした。

このように先生から直接お話を聞くことができると勉強になりますね。

「脳と口は密接に関わっている」

よく噛んで食べることで肥満だけでなく、認知症の予防できそうです。

IMG_0473

今からできる口腔ケアも教えていただきとても有意義な時間でした。

今日から実践できるようにお土産もいただきました♪

毎週金曜日13:00~14:00 お菓子・お茶をご用意して下さっています。

今回が3回目で毎回10名位のご参加があるそうです。

今後の予定は、「遺言相談」「ライフプランについて」を予定されています。

身近で興味深いテーマですね。

TVやラジオ、インターネットから情報収集するのもいいですが、目の前で話を聞くと

「今日から実践しよう!」という気になります。

参加してみませんか?♪

 

IMG_0470

 

夫婦で介護度が違う場合の施設の探し方

デイサービス併設, 中央区, 施設の選び方, 認知症

福岡市中央区にお住いの高齢者夫婦でお住いの両親を同じ施設で入居させたいと娘さんからの相談があり、お父様は要介護4、お母様は要介護1でどちらも80代とのことでした。

まず、介護度の重いお父様のお体の状態を尋ねると、2か月ほど前に自宅で転倒して大腿骨骨折のためリハビリ入院中とのことで、現在車いすを利用しているがリハビリでは歩行器歩行の練習中で、かなり認知症が入院中に進んでしまい、あまり何もわかっていないほどのアルツハイマー型認知症・長谷川式3点/30点と言われたそうです。pics271[1]

ほかにはお体には問題はなく、食事も食べておられる様子でした。

けれども、お風呂やトイレは自分ではできなくなり、機械浴に病院では入れてもらい、おむつ利用とのことでした。

image18[1] お母様は、要介護1ではあるけれど視力がほとんどなく、少し明かりが感じられる程度で、耳も結構遠い状態のため、慣れた自宅でも不便な生活を一人で過ごしている状態で、ヘルパーさんにお風呂に入れてもらっているとの話でした。

ただ、お母様はディサービスも嫌いで、1回試しに行っては見たが途中で帰りますと言い出して、どうにも職員さんを困らせてしまう状態でした。

最近は、お父様が入院しているため自宅に一人で一日の大半を過ごしているため、認知症が進んだ様子で、話はするけれどつじつまが合わず、最近の話は覚えていない状態になっているそうです。

娘さんは、毎日病院にお父様のところに行き、そのあとお母様の食事のお世話などに行き、夜遅くに自宅に戻ってお仕事もフルで働いているとのことでした。

そこで、まず施設探しをするにあたっては、お父様の介護を十分にできる施設を選び、お母様も一緒に入居できる安全面を重視することをお勧めしました。

今回は夏も近くなってきたので、お母様の脱水が心配され、脱水による認知症の進行も考えられるので、少しでも早い施設選びをお勧めしました。

認知症が少しでも進行しないうちに、施設入所をすることで施設内のデイサービスなどを利用して、誰かと話すことや充分な水分管理ができるようにすることはとても大切です。

また、今までお世話をしていたお母様にとっては、お父様のことを気になるらしく、一緒にいたいとの願いが強いため、同じ施設に入ることで心理的にも落ち着くのではないかと思いますが、今後認知がかなり進んだご主人と一緒にいることが負担になった場合は、部屋を別にするなど違う施設でもよいかと思われます。free-o142-1[1]

夫婦二人を施設に入所させることは、娘さんにとっての経済的負担が心配となり、いつまで続くかもわからない介護費用の不安は大きいとのことでした。

一度施設に入ったからと言って、一生同じ施設に住むという考えではなく、お体の状態や病気の進行、経済的な問題などを考えて施設は移り変わるぐらいの気持ちで、まずは施設入居を体験して行くほうがよいのではないでしょうか。

と、娘さんの疲労の限界を考えて、アドバイスさせてもらいました。

今後の介護は専門家に任せて、娘さんはご両親それぞれの話し相手や喜ぶことをしてあげるのが一番の親孝行になると思い、娘さん自身がゆったりとした気持ちと休息をとっていただきたいとお話ししました。

これから、ご両親と娘さんのための施設の見学が始まります。

 

ウチシルベの会ランチミーティングin福岡

入居後の生活サポート, 南区
IMG_0541

高齢者を支える家族を中心に、介護・看護・医療の現場経験者と一緒に、気軽になんでも日常の介護について情報交換ができるように、各地域の情報活用や共有のためのコミュニティーの場を肩の力を抜いて、おいしいランチを楽しみながらご参加いただけるように始めました。

人工透析の方の高齢者施設入居

博多区, 施設情報

人工透析を受けている70代男性・要介護1の方の高齢者施設入居の相談があり、担当のケアマネージャさんと一緒にご本人とご家族と施設入所のご希望を伺いに訪問しました。

今まで、県外で長年高齢者夫婦での生活してきた方が、奥さんは自宅での介護が無理になったため特別養護老人ホームに入所することになり、ご主人は自宅で一人の生活をしながら週に3回透析通院を送る日々の中、淋しさと不安が日増しに大きくなり始めたため福岡に住む娘さん家族の家に引っ越すことを決断されたそうです。

当初は、娘夫婦と孫に囲まれた楽しい生活の始まりのようでしたが、初めての三世代同居のストレスを家族全員が感じるようになり、生活に慣れるよりも本人が疎外感を感じることが早かったようでした。

その後、だんだんと気分の落ち込みが進み、食欲低下とともに体力の低下がみられて、体調管理と家族と一時的に離れたほうがよいとの判断で、通院中の透析病院に入院することになりました。透析

 

長年の人工透析患者の方に多くみられるのも鬱の症状であり、ご家族の悩みでもあります。

今回は短期間入院して食欲の改善と体力筋力の回復を目指す予定が決まり、入院の前に高齢者施設の見学をすることになりました。

ご本人の希望は、娘さんの自宅に近く家族が自転車で来ることができる距離で、散歩や買い物など便利で、透析病院の送迎範囲内場所にあることと、個室で部屋でのプライバシーが確保できることと、リハビリができることでした。

img_doc1

そこで、今年1月に福岡市博多区にオープンした、1階に理学療法士によるリハビリが受けられるデイサービスがあり、内科クリニックがあるサービス付き高齢者向け住宅を見学することになった。

角部屋でガラス窓に囲まれた部屋で、明るく開放的な部屋をいっぺんに気に入ってすぐ申し込みをされることになりました。

体調の変化が激しい透析患者の方は、看護師さんの24時間いる施設である安心と閉塞感からの解放がとても大切に感じられますので、特にきちんと施設職員に説明してもらいました。

食事についても透析食などの説明も受けて、見学の際に疲れが見えてきた場合も、看護師さんがすぐ近寄ってきて、脈拍や血圧など計って落ち着くまで気を配っていただきました。

この方は体調に合わせて退院予定で施設契約も終わり、引っ越しや入居準備を整え、一日も早く入居できることを楽しみに、お孫さんに励まされながら毎日治療に専念しておられます。

 

 

早良区住宅型有料老人ホームの見学

早良区

福岡市早良区西油山にある住宅型有料老人ホームへ見学に行きました。

とても静かな住宅街に位置し、少し高台のため建物からの眺望もとてもよく明るい施設でした。

ここはデイサービスが併設されていないため、皆さん希望のデイサービスに行くことができ

外部のケアマネージャーさんをそのまま変更せずに入所できるところでした。

続きを読む

福岡市中央区に新規オープンの高齢者のための賃貸マンション

中央区

福岡市中央区舞鶴に新規オープンした高齢者サポート賃貸住宅を見学しました。

12階建ての3LDKと2DKの賃貸マンションの部屋を改装して、高齢者の独り暮らしが不安な方や老人ホームはまだ早いと考えている方などのために、内科・認知症のクリニックが運営するマンションです。

続きを読む

福岡市にある島のグループホーム

西区

福岡市西区の島にあるグループホームに行きました。

福岡市西区姪浜から船で10分で到着しました。船は朝の交通渋滞もなくて旅行気分!

渡船場で待っているとたくさんの介護職員さんが車いすの方などと一緒にいて、

待合室はいっぱいでした。

船が着くと、デイサービスの送迎車が何台もお迎えに来ていて、私もご一緒に乗って見学先に行きました。

続きを読む

福岡市東区にある高齢者向け施設

東区

福岡市東区にある利便性の良いサービス付き高齢者住宅のご紹介です。

s_桑野1(1)

こちらは福岡市東区御島崎にあるお住まいです。

大変立地が良く散歩がてらに香椎浜のイオンまで歩ける距離です。

イオンは世代を問わず人気の場所ですので、ご面会の方にも重宝されると思います。

9月(例年第一土曜日開催)には御島崎近辺の香椎浜で花火大会が開催されます。

こちらからですと歩いて行ってお楽しみいただけます。

続きを読む

施設の見学に行ってきました ~糟屋郡新宮町にある住宅型有料老人ホーム~

糟屋郡

本日は糟屋郡新宮町にある住宅型有料老人ホームの施設のご案内です。

s_桑野

こちらは3号線沿いにあります。近隣にIKEA、ホームセンターのナフコ、お買い物のトライアル、食事をする場所、コンビニも近くにあります。みんなで面会に行く時の楽しみがありますね。

近くにコンビニもありますが、施設内にも移動コンビニが来てくれるそうです。ちょっとしたことですがとても便利なサービスだと思います。

続きを読む

老人ホームから入居を断られる場合

南区, 高齢者住宅とは

福岡市中央区に一人暮らしの女性で、要介護2の86才の方が、認知症によるわがままや気持ちの落ち込みが激しく

家族とも折り合いが悪いため同居はできずに、毎日デイサービスを利用していましたが

一人暮らしでは水分補給もあまりできていないため、福岡市南区の住宅型有料老人ホームに体験入居をすることになりました。

s_スライド1(2)

体験入居中にご家族といっしょにデイサービスに参加中の本人に会いに行きました。

心配していましたが、満面の笑みで体操をしていて、お孫さんは別人かと思ったね。と、言われるくらいなじんでいたのです。

体験入居を1週間延長してもらいそのまま契約入居の手続きに入ることになりました。

ところが、契約当日に朝からデイサービスに行かないと頑なに拒否をし、

「私は島流しにあった。」「マンションを売り払うと息子が言っている。」「裏切られた。」「もう死んでしまいたい。」と

激しく施設の職員に訴える状態になり、施設からは本人が納得していない状態で拒否感が強い場合は施設受け入れはできませんと告げられました。

s_スライド2(1)

体験入居中もデイサービスがないと娘に電話を数十回してきたり落ち着かない様子で

娘さんが落ち着かせるために、「平日はデイサービスに行ってそこに住んでいて

土日は、息子のところに泊まるのよ。」と、何度も説明しても理解できない様子でした。

体験入居中の施設を出されても自宅で一人暮らしが出来る状態ではなく、別の施設に入るとしても2件目の異動は

本人にとってより心の負担が大きいため、認知症専門医が対応する老人ホームに移ることが良いと思われました。

急きょ認知症・精神科・内科の病院が運営する住宅型有料老人ホームに相談して、事情を話し

本人の身体状況や医療情報など手配。ご家族の見学・体験入居の手配と万全の準備をすることになりました。

このような認知症による体験中の受け入れ拒否はあまりないケースですが、どこの施設でも入りたいと申し込みをすれば

必ず入れるわけではありません。

施設の介護や看護体制であったり、本人の体や病気・心や行動などの問題で、入居を断られるケースがあるのです。

老人ホームは、見学から入居まで様々な手続きがありますので、1カ月程度の時間の余裕をもって、準備することも大切でしょう。