お住まい相談員の一日

お住まい相談員の日々

私たちの一日をご紹介します。

 

techou_open

11月×日△曜日

9:30  福岡市内の病院でソーシャルワーカーさんへ施設提案。

11:00 福岡市内のご利用者様宅で施設入居打ち合わせ。

12:30 筑紫野市内のケアマネさんへ施設提案

13:10 久留米市内のご利用者様宅へお迎え・見学同行/申込

16;30 久留米市内の病院でソーシャルワーカーさん、ご利用者様へ施設提案

 

この日は予定より多くアポイントが入ってしまいました。

私どもにご連絡いただく方々は本当に困ってらっしゃる方が多いので、できる限り早く対応させていただきたいのでこのようなスケジュールになってしまいました。

 

11月○日□曜日

午前中  見学日の日程調整、新しい施設の情報収集

14:30 福岡市内の病院にて施設と利用者様、ご家族様面談同席

16:00~福岡市内の施設にご入居された利用者様のご様子伺いで施設訪問

 

他の日には、時間を作って病院や包括など私たちの活動を知っていただけるように訪問してご紹介をしております。

お蔭さまで多くの病院、居宅事務所、包括支援センターにご利用いただいております。

dai_byouin2

 

全国のお住まい相談員も西へ東へと奔走しております。

施設探しに悩んでいらっしゃる方のご負担が少しでも減らせるように最善を尽くしております。

どうぞお気軽にご相談下さい。

aisatsu_arigatou

福岡で生活保護・保証人なしの方の施設探し

相談実例

今回の相談者は病院のソーシャルワーカーさんからでした。

電話している女性

93歳男性、介護認定申請中、病院内は車いす。

生活保護を受給中で保証人はいらっしゃいません。

roujin_kodokushi

入院前は自立だったそうですが、熱中症にかかり部屋の中で動けずにいるところを

民生委員の方がたまたま発見してくださり、一命をとりとめました。

回復されていて施設が見つかり次第退院で、施設探しをお手伝いしました。

 

生活保護の方の受入先はわりと多くありますが、保証人なしとなるとそうはスムーズに進みません。

施設との交渉を重ねて進めていきます。

保証人がいらっしゃらない方の場合、施設が気にされるのは入院時や亡くなった時のことです。

この辺りの話をしっかりと話し合います。

 

今回は何名かご紹介させていただいたことのある住宅型有料老人ホームへ相談して、入居が決まりました。

難しい案件でしたが、相談から2週間で入居まで進みました。

退院の日、私にできることがあればとお見送りに伺いました。

私のことを覚えていてくださり、「ありがとうございました!」と

言ってくださいました。

ご高齢の方は新しいことを覚えるのが苦手な方が多いので、

2回目お目にかかってもなかなか私のことを覚えていて下さる方は少ないのです・・。

覚えていてくださったのでとてもうれしかったです。

最初お目にかかったときはとても緊張した面持ちでしたが、この日はにこやかに迎えてくださり、

会話もはずみ、笑顔で退院され新しい生活をスタートされました。

ojiisan_kurumaisu

来週には、入居後のご様子を伺いにお邪魔しますね。

aisatsu_arigatou

 

安心も癒しもお任せ!老人ホームでアニマルセラピー

施設情報

先日は、ペットが飼える施設をご紹介しました。

ペットのいる生活を施設入居とともにスタートさせませんか?

今回は、「ペットを飼っている施設」をご紹介します。

dog_family

福岡市博多区「さくらんぼ」

http://www.osumai-soudan.jp/search/fukuoka-shi-hakata-ku/8520.html

54feae2bc8cdaa1ce0cfd70a90343bee2

もうだいぶ大きくなりましたがとってもかわいいですよ♪

 

福岡市早良区「穂々笑」

http://www.osumai-soudan.jp/search/fukuoka-shi-sawara-ku/9952.html

いぬ

くぅ~。カワ(・∀・)イイ!!

もう一匹います!

 

筑紫野市「ラベンダーヴィレッジ」

http://www.osumai-soudan.jp/search/chikushino-shi/9255.html

なんと!お部屋にまで連れていっていいそうですよ!

 

「今までペットを飼いたくても今まで飼えなかった」という方もいらっしゃいます。

この子たちがいるからここの施設に決めた!という方もいらっしゃいます。

ペットのいる施設で新生活をスタートさせませんか?

施設入居を決めるのは誰!?

お住まい相談員の日々

この夏から進めていた施設入居へご家族が煮え切らず、3名の方が入院となりました。

自分の親を施設への入居を勧めて、ましてやご自身(お子さんや身内の方)が決断するとなると覚悟が必要ですよね。

たくさんの方々の支援をさせていただいておりますので、ご家族の葛藤、お気持ちはお察しできます。

ただ、施設入居を先延ばしにすることによって様々な弊害もでてきます。

「あの時入居を決めていたら、今もゆっくりとでも歩けたのでは!?」

後悔先に立たずです。

2つのケースご紹介します。

shinpai_obaasan

ケース1

78歳男性要支援2、区分変更予定でした。

認知症の診断がでていて、気に入ってくださった施設があったにも関わらずご家族がまだ一人でも暮らせるだろう、と入居を見送りました。

その結果、エアコンでの温度調整もできていなかったため、また、脱水による水分不足で認知症状が進み、現在は精神科へ一時入院しています。

この男性の症状は比較的軽いものの、精神科の厳重な対応にご家族が参ってしまいました。

hankachi_naku

ケース2

82歳女性要介護1、ADLはほぼ自立だが認知症の診断があり。

本人が施設入居を拒否するために、ご家族はまだ自分でできるだろうと考えられていました。

しかしケアマネさんの話を伺うと入浴拒否を4か月続けている、冷蔵庫の中身はほとんど腐っているなど一人暮らしが難しい状況でした。

夜間、トイレに行こうとして転倒してしまい、大腿骨骨折をして入院となりました。2か月の入院の結果、筋力が衰え車いすでの生活となりました。

kaigo_kurumaisu

今回は厳しい話でしたが、施設入居を検討しているとつらくなり、考えることをやめる方も多くいらっしゃいます。

「なぜ、施設入居を考え始めたのか?」そのことをよく思い出して下さい。

その問題が解決できたのならいいのですが(例えば在宅で一日看てくれる若者がいるなど)

解決できていないのであれば施設入居を進めるべきではないでしょうか。

これから寒さが厳しくなる季節となり、脳梗塞などのリスクが高まる季節です。

どうかもう一度ご家族で話し合って下さい。

job_syakai_fukushishi_woman