最期を考える

お住まい相談員の日々, 医療充実, 相談実例

人生の最期をどこで迎えるか?

最期について考えさせられたことです。

今年1月にMSWより相談を受けて、92歳の要介護2のAさん方の施設をお探ししました。

その病院に入院してからも誤嚥性肺炎を2度ほど起こし、急性期病院から戻ってきたところでご相談でした。

入院前に少し認知症状が悪化して入院したけど、状態が落ち着いているしこれ以上治療できることはない、とのことでした。

そこで認知症にも強く、医療的にも充実した住宅型を紹介しましたが、その時は空きがなく、空くのを待っている状況でした。

2月終わりに施設より連絡がきて空きがでたとのことで、入居の話を進めていきました。

その間に区分変更をしていましたが、要介護5となりました。

そして、その間にまた誤嚥性肺炎を起こしていました。

「早く施設に入居して、少しでも良い生活を送ってほしい」

そんな想いでしたが、想像よりスムーズに入居準備が進まずもどかしい思いをしておりました。

入居日までの週末毎に熱発を繰り返していました。

「入居できるのだろうか?」3月の中旬近くに入居が決まっていましたが、心配する日々を送っておりました。

「施設に入居せずに、このまま病院にいた方がこの方にとっていいのではないか?」

たまらなくなってMSWへ相談しました。

私「Aさんの体調はいかがですか?入居できるのでしょうか?」

MSW「先週も熱がでていました。施設に入居できるか確認したところ受入れしてくださるとのことでした。

先日、訪問診療の先生もカンファレンスに入ってくださって家族と看取りの話も含めてしっかりと話をしてくださいましたよ。

本当に良い先生ですね」

こういった状態でも受け入れてくれる安心とまだ心配で施設にも確認したところ、

訪問診療の先生がOKをだしてくださったので施設側も全力で支えます、とのこと。

Aさんの入居日当日—。

心配だったのでAさんの配偶者の方に連絡をしてご様子を伺いました。

「介護タクシーで移動するときに、いつもは目をつぶっているのだけど今日は目を開けてしっかりと景色をみていました。

まるで景色を目に焼き付けているみたいでした。久しぶりにあんな表情を見れて嬉しかった」

私は施設入居が本当に良かったのか葛藤があり、MSWへ相談しました。

私「Aさんの施設入居は本当に良かったのでしょうか?このまま入院していたらご家族から近い病院だから良かったのではないでしょうか?」

MSW「病院での最期と施設での最期は違います。病院はやはりたんたんとしていますからね。

先日の訪問診療の先生は最後に何を食べさせてあげたいか?を聞いておられましたよ。

あんなに良い先生にお会いしたのは初めてかもしれません。熱心な良い先生ですね。

最期をどう迎えたいかと考えらることができるのはとても幸せなことなんですよ。

私は施設を選ばれて、ご家族にとっては良かったと思います」

MSWは心配する私を励ましてくださり、私も少し安心しました。

それから一週間後―。

Aさんの担当ケアマネさんから連絡をいただきました。

「Aさんはご家族に見守られながら、旅立たれました」と。

「ご家族全員に見守られた」という言葉に私はやっと安堵しました。

亡くなることは本当に寂しいことですが、「どうやって最期を迎えられたか」も大切だと思っています。

ご家族が悔いのない最期を迎えてほしい。

そのように思っております。

亡くなって一週間後にご家族より、亡くなったと連絡いただきました。

「あんなに良い施設で、良いケアマネさん、良い先生で良かったです。幸せでした。

ケアマネさんも先生もお通夜にきてくださったんですよ」

そして胸の内を語ってくださいました。

「亡くなったと理解しているんだけど、なんでいないんだろう?と思ってしまいます・・」

そうですよね。そんなに早く気持ち切り替えられないですよね。

このような自立だけど高齢の配偶者へのサポートサービスがあるといいなと思います。

この亡くなった方と私の過ごした時間は短かったですが、私はこの方を忘れません。

「亡くなった人を忘れない、これがその人の供養になる」と思っております。
最期を考える

要介護2→要介護4へ、せん妄状態の方が老人ホーム入居で落ち着くまで・・

医療充実, 相談実例, 認知症, 高級・ラグジュアリー

今回のご相談は、ケアマネージャーさんを通しての相談でした。

脳梗塞で入院中の95歳女性の入居先を考えてほしい、とのことでした。

電話している女性

入院されているソーシャルワーカーさん、ご家族様にもお話を伺ったところ脳梗塞の後遺症として目が目にくくなったとことにより、

ご本人様が少し落ち着きがなくなっているとのことでした。手先が器用で誰とでもお話をされて、デイサービスではムードメーカーのような存在だったそうです。

それが、急に眼が見えなくなったことからくる不安からか頻尿になり夜間の眠りが浅くなったようでした。

不安感が強いようで、二日に一回、ご家族が泊まってお手洗いのお世話をされていました。

ご家族は毎日お見舞いに行き、お母様のご不安が和らぐようにお声がけをしたり、マッサージをしたりしました。

 

お元気なうちに一度、介護付き有料老人ホームを見学されたそうで、

見学した日は納得したものの翌日には行きたくないと話をされ、キャンセルをされた経緯もありました。

「リハビリもしてほしいけど、もう95歳なので早く退院させて落ち着かせたい」とのご家族の希望があり、

病院にも退院が早められるか確認をとり、介護付き有料老人ホームをご紹介しました。

こちらの施設でしたら、レクレーションも活発ですし、眼が見えない方にも工夫をしていただけると考えました。

ご家族様にも大変気に入っていただき、すぐにご入居へと進めました。

 

病院で看護師さん、作業療法士さん、ソーシャルワーカーさんと施設の方、ご家族と施設入居の前に打ち合わせをしました。

施設受け入れが可能かどうかも含めてです。

その際に施設の看護師さんが「施設へ入居と伝えるとお母様が混乱されるかもしれないので、病院をうつるくらいの話でいいですよ」と言っていただけました。

通常は「本人さんが施設入居を納得してから入居してください」と言われますので、この言葉を大変ありがたく感じました。

病院の方もご家族も喜んでおられました。

pose_anshin_man

さて実際、ご入居後はとても大変だったそうです。

入院中でも大変だったので、想像していたことですが施設側は想像以上に大変だったとおっしゃっていました。

そんな大変な中でも「私たちがお引き受けした以上はお断りしません。安心して下さい」と言ってくださったのがとても心強かったです。

ご家族様からは、「まだ落ち着かないけど笑顔がでるようになった」、「昼夜逆転がなおった」と、うれしいお話を伺いました。

 

そして1月に入ったある日―。

別の相談で施設を訪れた際に伺ったうれしい話です。

昨晩は砲声がなかったとのこと。「だいたい大声を出される時間が分かってきたのでその前にお声掛けをしたら落ち着かるのでそのようにしています」とのこと。

「この方はただ声をあげるのではなく、『ありがとう』とかそういうことをおっしゃるんですよ、意味もなく叫んでいる訳ではないのです」とご理解いただいていました。

こういう風に、入居者一人一人に向き合っていただけて本当にありがたいですよね。

ご家族様にも「あなたに頼んでここに決めて本当に良かった」と心から満足していただけ私も本当にうれしかったです。

aisatsu_arigatou

 

入院時は要介護2でしたが、施設で区分変更をしたら要介護4となりました。

 

要介護5の方の施設選び

医療充実, 相談実例, 認知症

病院のソーシャルワーカーさんより、84歳要介護5の男性の施設を奥様と一緒に探してほしいと依頼がありました。ソーシャルワーカーさんと奥様と面談をして、ご家族の希望としては「歩くのは無理だけど身の回りのことは自分でできるようになってほしい」とのことでした。いろいろと話を伺うと今回は2度目の施設探しで最初に選んだ施設で失敗したとのこと。前回は約30施設ほど見てまわったのに失敗したので、より施設選びに慎重になっていらっしゃいました。福岡市南区にある24時間看護士常駐で介護度が重たい方でも入居できる認知症専門のクリニックが入った住宅型をご紹介しました。ここは常に満室で空きを待つ覚悟でご紹介しました。ご紹介したところ、施設の活気ある雰囲気、スタッフの方の対応、認知症のデイケアがありリハビリもできること、費用面もご家族様の満足のいくものとなり、1件目の見学でしたがその場でお申込をされました。しかし空室待ちです。退院は3カ月後でしたが、もし空きがでなかったときのために申込をした後も見学を続けました。しかしなかなかご家族様の希望にあった施設が見つかりません。さすがに私も少し焦りを感じていました。

ご相談を受けてから3ヶ月目の退院が月末に迫ったある日、ソーシャルワーカーさんから電話があり「奥様が倒れた」とのことでした。つい昨日も電話をしたところでしたので信じられませんでしたが、脳梗塞を起こしたとのことでした。奥様が私のことを長女さんに話をして下さっていたので、ソーシャルワーカーさんが私と長女さんを繋いで下さり、翌週から施設探しを始めました。

今回奥様が倒れたことで、しばらくは奥様も入院となり退院後も頻繁にはご主人のところには通うのは難しいと考え、南区の施設と同じ系列の早良区の施設を長女さんにご紹介しました。長女さんも施設のシステムや雰囲気を気に入って下さり、その場で申込をされました。

今回ご紹介したのは、リハビリに特化した住宅型でした。介護度が重たいから必ずしも介護付の施設がいいわけではありません。難しい医療行為がない、施設の受入状況などさまざまな条件やご本人様やご家族様の希望にあった施設選びが重要だと思います。

福岡市にある介護付き有料老人ホームの例

デイサービス併設, 医療充実, 医療法人運営, 施設情報, 早良区, 相談実例

福岡市早良区にある介護付有料老人ホームに先日ご見学希望があり、ご一緒しました。

この介護付有料老人ホームは、内科病院に併設した施設であり、外部からの利用の方はデイサービスやリハビリなど送迎で来られている人気のところです。

続きを読む