0

「福岡市生活支援型訪問サービス従業者研修」を受講しました

桑野 かおり

桑野 かおり

現在は、施設も増えてきており、いろいろな選択肢がありますので、事故防止や長く元気に暮らしていただく為に高齢者住宅で暮らすことは、前向きに生活するうえで、良いことだと思います。ご相談いただいたご家族に合った住まいをご提案差し上げたいと考えております。


1月に3回に渡って研修を受けてきました。

介護保険制度の概要、高齢者のこころとからだに関する理解、介護従業者としての心得や倫理、訪問介護サービスおよび介護技術、

認知症についてなど多くのことを、3週に渡り、合計21時間ほど学びました。

お住まい相談員として多くの高齢者と関わっておりますが、基本的なことを多く学べました。

「そんなオーバーな」と思うことがありましたが、ただ、私ではありませんものね。

何があるかわかりませんよね。

こんなに丁寧に報告・相談をしていくことで、高齢者に関する家の中での事故は防ぐことができ、安心して生活できるのだなと思いました。

印象に残ったのは、高齢になってからの喪失体験はとてもつらいものだということ。

想像だけでつらいだろうと思っていたのですが、文章で改めて思い知って、

「10年間で3人もの友人やパートナーを見送ったAさん」や

「一昨年、息子さんを亡くされたBさん」

他にもいろんな方のお顔が頭に浮かびました。辛かったですよね。

意欲低下につながった理由がわかったように思いました。

勉強するということは大切だと改めて思いました。

今年もたくさん勉強していきたいと思います。

老人ホーム探しはおまかせください

プロに施設探しを相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です