0

家族が胃ろうを決断するとき

桑野 かおり

桑野 かおり

現在は、施設も増えてきており、いろいろな選択肢がありますので、事故防止や長く元気に暮らしていただく為に高齢者住宅で暮らすことは、前向きに生活するうえで、良いことだと思います。ご相談いただいたご家族に合った住まいをご提案差し上げたいと考えております。


今年に入って叔父が誤嚥性肺炎で5回入院しました。

byouki_oldman[1]

施設に入居しており、年に一度の帰省を楽しみにしているのに7月に再度入院し、8月の帰省は叶いませんでした。

あまりに繰り返すことに私は心配になり、母に言いました。

「おじちゃんもきつかろうけん、胃ろうにしたら?きついやろう?」

「おじちゃんの楽しみは食べることやけん、胃ろうは本人もいやみたいでうんて言わんとよ」

叔父はお酒が好きですし、好き嫌いなくなんでも食べます。

私も簡単な気持ちで言ったわけではありません。少しでも楽になってほしいからです。

叔父の楽しみを奪いたくないという兄弟の気持ち、何回もきつい思いをして可哀想だと思う私、意見が分かれます。

 

8月に入っても、なかなか退院できません。

どうやらまた繰り返したようです。

心配している矢先、母から話がありました。

「おじちゃんね、胃ろうにしようかと話し合いようとよ。

この前、看護師さんが食べさせてくれようの見たけど、本当にゆっくり丁寧に食べさせてくれて飲み込んだ後に聴診器をあてて確認までしてくれるのにそれでも肺炎になるけんもう仕方ないと思って」

「うん、そうやね。胃ろうは外せるけんよくなったら外したらいいやん。またご飯食べられるようになるよ」

食事介助

施設入居の手続きを進める際に施設から看取りについて家族に問われます。

まだ先のことで想像できないことですし、「辛い思いをさせたくない」とのことで延命措置はしないというご家族も多くいらっしゃいます。

ただ、実際にはその瞬間にならなければ分からないと思っています。

私は叔父にどんなことをしても生きてほしいと思っています。

これが正しいことだとは思いませんが、私の想いです。

 

多くのご家族とお会いして、いろいろなケースがあります。

ご家族の気持ちに寄り添って、ご案内したいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です