0

老人ホームから入居を断られる場合

桑野 かおり

桑野 かおり

現在は、施設も増えてきており、いろいろな選択肢がありますので、事故防止や長く元気に暮らしていただく為に高齢者住宅で暮らすことは、前向きに生活するうえで、良いことだと思います。ご相談いただいたご家族に合った住まいをご提案差し上げたいと考えております。


老人ホームから入居を断られる理由はいくつかあります

もちろん受入れ基準を満たしていなければ入居はできません

よく「インスリン〇」という表現もみますが、よくよく話を聞くと自己注射だったらという注釈がつくこともあります

そういった例を除いて断られることはどういう場合があるのでしょうか?

例えば、有料老人ホームで要介護5の方を受入れしている施設でも、状況によっては受入れができないときもあります

要介護5の方でコールの回数が多いと、現場のスタッフの方が疲弊してしまい一時的に介護量の多い方の受入を制限されることもあります

「今は空きはあるけど、スタッフの人数は少なくて受入れはストップしている」

こういった話も最近はたまに聞くようになりました

有料老人ホームで要介護3以上の人の受入基準とされていたところも、

現場が疲弊して要介護1、2の人も受け入れるようにしたとの話も聞きます

老人ホームから断られると断られた人自身に問題があるように感じられるかもしれませんが、

さまざまな状況から断られることがあることも、

理解していただけると断られたとしてもショックが和らぐのではないでしょうか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です