0

介護を受けるために

桑野 かおり

桑野 かおり

現在は、施設も増えてきており、いろいろな選択肢がありますので、事故防止や長く元気に暮らしていただく為に高齢者住宅で暮らすことは、前向きに生活するうえで、良いことだと思います。ご相談いただいたご家族に合った住まいをご提案差し上げたいと考えております。


介護認定を受けるのは分かるけどどこに相談するの?」

「ケアマネージャーってよく聞くけどどこに相談に行けばいいの?」

「市町村の福祉課ってどんなところだろう?」

私は当初分からずにケアマネージャーは遠い存在だと思っていましたが、身近にいて親身に相談に乗ってくれます。居住介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)にケアマネージャーがいます。又、市町村の福祉課などのサービスも親切です。病院にいる医療ソーシャルワーカーにも相談ができます。

 

一人でいろいろと考えてしまいがちですが、今はたくさんの情報があります。

一人で抱え込まないで下さいね。

s_桑野

介護申請とは?

介護が必要となったらまずは要介護認定(要介護支援)の申請が必要です。

①申請は市町村の窓口への届けが必要です。

※申請は、本人や家族のほか、近くの居住介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)や地域包括支援センター、介護保険施設にも頼めます。

②申請後は市町村の職員などから訪問を受け、聞き取り調査(認定調査)が行われます。

③市町村の依頼により、かかりつけのお医者さんが心身の状況について意見書(主治医意見書)を作成します。

④その後、市町村が総合的判断から要介護度を決定します。

※申請から認定まで原則30日以内です。

介護保険では、要介護度に応じて受けられるサービスが決まっていますので、要介護度が判定された後は、「どんな介護サービスをうけるか」「どういった事業所を選ぶか」についてケアプランを作成し、それに基づきサービスの利用が始まります。

 

ケアプランとは?

どのような介護サービスをいつ、どれだけ利用するかを決める計画のことです。介護保険のサービスを利用するとこはまず、介護や支援の必要性に王いてサービスを組み合わせたプランを作成します。

ケアプランに基づき、介護サービス事業所と契約を結び、サービスを利用します。

何が介護に必要なものかはケアプランで計画をしますので、安心して下さいね。

s_桑野2

老人ホーム探しはおまかせください

プロに施設探しを相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です